Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 7.62x54mmR弾は、ロシア帝国により開発された起縁式小銃用実包であり、1891年に軍用弾薬として導入された。開発から1世紀以上経過しているが、現在でもロシア連邦軍の他、中国や北朝鮮、ベトナムなど冷戦時代には東側陣営に属した国々で広く用いられている。本弾薬は開発当初、モシン・ナガン用として設計され、帝政ロシア時代の後期から、現代のソビエト連邦の終結までを通じ、機関銃やトカレフM1940半自動小銃のような小銃に採用されている。この実包は、幾種か作られた代表的な起縁式実包の一つで、いまだに軍に残って用いられており、かつ、世界のすべての軍が作り出した弾薬の中でも最長の採用年数を持つ。アメリカ製のウィンチェスターM1895もまた、当時のロシア政府との契約によってこの弾薬を使用した。7.62×54mmRは未だロシア連邦軍において、ドラグノフ狙撃銃や、他の狙撃銃により使用されている。この経緯はPKMのような、いくつかの最新の機関銃と同様である。歴史的に、本弾薬は「7.62mm ロシアン」として知られ、また今なお口語でそのようにしばしば呼称される。しかしこの「R」とは、現代の公式なCIP(直訳すれば常設国際銃審査委員会。ヨーロッパ他の14カ国が加盟する国際機関)の表示、「7.62 × 54 mm R」において起縁式(Rimmed)を示す。これはCIPの標準的な呼称に倣っている。本実包の名称は「7.62 ソビエト」弾薬としばしば混同されるが、この弾薬はSKSカービンとAK-47で使われる7.62x39mm弾のことである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2425926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56140746 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:balsrc
prop-ja:base
  • 12.370000 (xsd:double)
prop-ja:btype
  • SP
  • FMJ
  • HPBT
prop-ja:bullet
  • 7.920000 (xsd:double)
prop-ja:bw
  • 9.700000 (xsd:double)
  • 11.300000 (xsd:double)
  • 11.700000 (xsd:double)
prop-ja:bwunit
  • gram
prop-ja:caption
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:caseCapacity
  • 4.160000 (xsd:double)
prop-ja:caseLength
  • 53.720000 (xsd:double)
prop-ja:caseType
prop-ja:designDate
  • 1891 (xsd:integer)
prop-ja:en
  • 3593 (xsd:integer)
  • 3614 (xsd:integer)
  • 3629 (xsd:integer)
  • 3744 (xsd:integer)
  • 3779 (xsd:integer)
prop-ja:isSiBallistics
  • yes
prop-ja:isSiSpecs
  • yes
prop-ja:length
  • 77.160000 (xsd:double)
prop-ja:maxPressure
  • 390 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:neck
  • 8.530000 (xsd:double)
prop-ja:primer
  • ベルダン式またはボクサー大型小銃雷管
prop-ja:productionDate
  • 1891 (xsd:integer)
prop-ja:rifling
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:rimDia
  • 14.400000 (xsd:double)
prop-ja:rimThick
  • 1.600000 (xsd:double)
prop-ja:service
  • 1891 (xsd:integer)
prop-ja:shoulder
  • 11.610000 (xsd:double)
prop-ja:testBarrelLength
  • 73.0
prop-ja:type
prop-ja:usedBy
  • ロシア帝国、ソビエト連邦、ロシア、フィンランドワルシャワ条約機構の加盟国、中華人民共和国、ベトナム、北朝鮮、カンボジア、ラオス、キューバ、アルバニア、アメリカ合衆国
prop-ja:vel
  • 786 (xsd:integer)
  • 797 (xsd:integer)
  • 800 (xsd:integer)
  • 805 (xsd:integer)
  • 865 (xsd:integer)
prop-ja:wars
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 7.62x54mmR弾は、ロシア帝国により開発された起縁式小銃用実包であり、1891年に軍用弾薬として導入された。開発から1世紀以上経過しているが、現在でもロシア連邦軍の他、中国や北朝鮮、ベトナムなど冷戦時代には東側陣営に属した国々で広く用いられている。本弾薬は開発当初、モシン・ナガン用として設計され、帝政ロシア時代の後期から、現代のソビエト連邦の終結までを通じ、機関銃やトカレフM1940半自動小銃のような小銃に採用されている。この実包は、幾種か作られた代表的な起縁式実包の一つで、いまだに軍に残って用いられており、かつ、世界のすべての軍が作り出した弾薬の中でも最長の採用年数を持つ。アメリカ製のウィンチェスターM1895もまた、当時のロシア政府との契約によってこの弾薬を使用した。7.62×54mmRは未だロシア連邦軍において、ドラグノフ狙撃銃や、他の狙撃銃により使用されている。この経緯はPKMのような、いくつかの最新の機関銃と同様である。歴史的に、本弾薬は「7.62mm ロシアン」として知られ、また今なお口語でそのようにしばしば呼称される。しかしこの「R」とは、現代の公式なCIP(直訳すれば常設国際銃審査委員会。ヨーロッパ他の14カ国が加盟する国際機関)の表示、「7.62 × 54 mm R」において起縁式(Rimmed)を示す。これはCIPの標準的な呼称に倣っている。本実包の名称は「7.62 ソビエト」弾薬としばしば混同されるが、この弾薬はSKSカービンとAK-47で使われる7.62x39mm弾のことである。
rdfs:label
  • 7.62x54mmR弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of