Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 7.62x51mm NATO弾(7.62ミリ ナトーだん、英: 7.62 x 51 mm NATO )は、北大西洋条約機構(NATO)により標準化された小火器用の弾丸。1950年代に提案され、NATO加盟国の軍隊を中心に幅広く採用された。通常弾の他、曳光弾、空包、模擬弾がある。民間用のものは.308 ウィンチェスター弾として有名。陸上自衛隊においても、アメリカ陸軍との弾薬共通化のために7.62x51mm NATO弾と互換性のあるM80普通弾が、62式7.62mm機関銃及び64式7.62mm小銃用の弾薬として採用された。M80普通弾には7.62x51mm NATO弾と同程度の装薬量の常装薬弾と、装薬量を10%程度少なくした減装薬弾があり、通常は体格の小さい日本人に合わせ反動が少ない減装薬弾が使用される。62式、64式共にガスレギュレーター(規制子)の調整により、常装薬、減装薬、両弾の発射が可能である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 516046 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 119 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58901380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:balsrc
  • M80: Slickguns, M118 Long Range: U.S. Armorment
prop-ja:base
  • 11.940000 (xsd:double)
prop-ja:btype
  • M118 Long Range BTHP
  • M80 FMJ
prop-ja:bullet
  • 7.820000 (xsd:double)
prop-ja:bw
  • 147 (xsd:integer)
  • 175 (xsd:integer)
prop-ja:bwunit
  • grain
prop-ja:caption
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:caseLength
  • 51.180000 (xsd:double)
prop-ja:caseType
  • リム無し, ボトルネック
prop-ja:en
  • 2437 (xsd:integer)
  • 2586 (xsd:integer)
prop-ja:isSiSpecs
  • yes
prop-ja:length
  • 69.850000 (xsd:double)
prop-ja:maxPressure
  • 415 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:neck
  • 8.770000 (xsd:double)
prop-ja:parent
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:primer
  • ラージ・ライフル
prop-ja:rifling
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:rimDia
  • 12.010000 (xsd:double)
prop-ja:rimThick
  • 1.270000 (xsd:double)
prop-ja:service
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:shoulder
  • 11.530000 (xsd:double)
prop-ja:type
  • ライフル
prop-ja:usedBy
prop-ja:vel
  • 2580 (xsd:integer)
  • 2733 (xsd:integer)
prop-ja:wars
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 7.62x51mm NATO弾(7.62ミリ ナトーだん、英: 7.62 x 51 mm NATO )は、北大西洋条約機構(NATO)により標準化された小火器用の弾丸。1950年代に提案され、NATO加盟国の軍隊を中心に幅広く採用された。通常弾の他、曳光弾、空包、模擬弾がある。民間用のものは.308 ウィンチェスター弾として有名。陸上自衛隊においても、アメリカ陸軍との弾薬共通化のために7.62x51mm NATO弾と互換性のあるM80普通弾が、62式7.62mm機関銃及び64式7.62mm小銃用の弾薬として採用された。M80普通弾には7.62x51mm NATO弾と同程度の装薬量の常装薬弾と、装薬量を10%程度少なくした減装薬弾があり、通常は体格の小さい日本人に合わせ反動が少ない減装薬弾が使用される。62式、64式共にガスレギュレーター(規制子)の調整により、常装薬、減装薬、両弾の発射が可能である。
rdfs:label
  • 7.62x51mm NATO弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:副武装 of
is foaf:primaryTopic of