Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 6-ホスホグルコノ-1,5-ラクトン(6-Phosphogluconolactone)はペントースリン酸回路の中間体である。6-ホスホグルコノ-δ-ラクトンとも言う。グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの作用によってグルコース-6-リン酸の脱水素化によって作られ、6-ホスホグルコノラクトナーゼによって6-ホスホグルコン酸に変換される。
dbpedia-owl:casNumber
  • 2641-81-8
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1384423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47260558 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 2641 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C6H11O9P
prop-ja:分子量
  • 258.120000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:構造式
  • 250 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 6-ホスホグルコノ-1,5-ラクトン(6-Phosphogluconolactone)はペントースリン酸回路の中間体である。6-ホスホグルコノ-δ-ラクトンとも言う。グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの作用によってグルコース-6-リン酸の脱水素化によって作られ、6-ホスホグルコノラクトナーゼによって6-ホスホグルコン酸に変換される。
rdfs:label
  • 6-ホスホグルコノ-1,5-ラクトン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 6-ホスホグルコノ-1,5-ラクトン
  • 6-ホスホグルコノ-δ-ラクトン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of