Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 5 cm PaK 38(独: 5 cm Panzerabwehrkanone 38)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが運用した対戦車砲である。1938年にラインメタル社が3.7 cm PaK 36の後継として開発された。当時の最新技術が導入されており、当初からトーションバーサスペンションを備えていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1522958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56769534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 5 cm PaK 38(独: 5 cm Panzerabwehrkanone 38)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツが運用した対戦車砲である。1938年にラインメタル社が3.7 cm PaK 36の後継として開発された。当時の最新技術が導入されており、当初からトーションバーサスペンションを備えていた。
rdfs:label
  • 5 cm PaK 38
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of