Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 3本の手(さんぼんのて)あるいはタールベルクの3本の手とは19世紀のピアニスト・作曲家であるジギスモント・タールベルク(Sigismond Thalberg)が用いたピアノ演奏の技法である。右手・左手単独の演奏に加え両手の主に親指を組み合わせてあたかも3本目の手があるかのような演奏を行う。タールベルク以降、フランツ・リストの愛の夢、フレデリック・ショパンの「前奏曲 嬰ヘ短調」Op.28-8、ヨハネス・ブラームスの「間奏曲」Op.117-1などのピアノ曲においてこの「3本の手」は広く用いられることとなる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1301250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56208025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 3本の手(さんぼんのて)あるいはタールベルクの3本の手とは19世紀のピアニスト・作曲家であるジギスモント・タールベルク(Sigismond Thalberg)が用いたピアノ演奏の技法である。右手・左手単独の演奏に加え両手の主に親指を組み合わせてあたかも3本目の手があるかのような演奏を行う。タールベルク以降、フランツ・リストの愛の夢、フレデリック・ショパンの「前奏曲 嬰ヘ短調」Op.28-8、ヨハネス・ブラームスの「間奏曲」Op.117-1などのピアノ曲においてこの「3本の手」は広く用いられることとなる。
rdfs:label
  • 3本の手
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of