Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 3つの演奏会用練習曲(フランス語:Trois études de concert、S.144/R.5)は、フランツ・リストによって作曲されたピアノ曲集である。着手は1845年頃で、リストがピアニストとして一線を退きヴァイマルで職に就いた1848年までに作曲され、1849年に出版された。リストより年下の叔父であるエドゥアルト(Eduard Liszt, 1817年 - 1879年)に献呈された。練習曲ではあるが機械的な技巧や耐久力のみを要求するのではなく、甘美な詩情にあふれた曲集であり、演奏会等でも好んで演奏される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 311785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58942024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:id
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 3つの演奏会用練習曲(フランス語:Trois études de concert、S.144/R.5)は、フランツ・リストによって作曲されたピアノ曲集である。着手は1845年頃で、リストがピアニストとして一線を退きヴァイマルで職に就いた1848年までに作曲され、1849年に出版された。リストより年下の叔父であるエドゥアルト(Eduard Liszt, 1817年 - 1879年)に献呈された。練習曲ではあるが機械的な技巧や耐久力のみを要求するのではなく、甘美な詩情にあふれた曲集であり、演奏会等でも好んで演奏される。
rdfs:label
  • 3つの演奏会用練習曲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of