Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2R仮説(にアールかせつ)あるいは大野の仮説(おおののかせつ)とは、大野乾(1970) によって初めて提唱された、ゲノミクスおよび分子進化上の仮説で、脊椎動物では進化の初期段階で全ゲノムの重複が1回以上起こり、その結果その後の脊椎動物ゲノムは始原ゲノムの多倍数体となっていると考える。論争を呼んだ仮説である。仮説の呼称は1994年には「2 rounds of duplication(2回重複)」仮説とされていたことに基づき、1999年に2R仮説と呼ばれ始めたようだ。重複回数に変異はあるが典型的な回数である2回を指してなお2R仮説と呼ばれる。大野が『Evolution by Gene Duplication(遺伝子重複による進化)』でこのことを最初に記述して以来、この仮説をめぐって広範な研究が引き起こされたが、ヒトゲノムからの最新データをもってしても、なお論議が絶えない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1528385 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57971776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2R仮説(にアールかせつ)あるいは大野の仮説(おおののかせつ)とは、大野乾(1970) によって初めて提唱された、ゲノミクスおよび分子進化上の仮説で、脊椎動物では進化の初期段階で全ゲノムの重複が1回以上起こり、その結果その後の脊椎動物ゲノムは始原ゲノムの多倍数体となっていると考える。論争を呼んだ仮説である。仮説の呼称は1994年には「2 rounds of duplication(2回重複)」仮説とされていたことに基づき、1999年に2R仮説と呼ばれ始めたようだ。重複回数に変異はあるが典型的な回数である2回を指してなお2R仮説と呼ばれる。大野が『Evolution by Gene Duplication(遺伝子重複による進化)』でこのことを最初に記述して以来、この仮説をめぐって広範な研究が引き起こされたが、ヒトゲノムからの最新データをもってしても、なお論議が絶えない。
rdfs:label
  • 2R仮説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of