Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2013年の東京ヤクルトスワローズでは、2013年における東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。この年の東京ヤクルトスワローズは、小川淳司監督の4年目(2010年のシーズン途中から)のシーズンである。チームは開幕投手の館山昌平が先発第2戦で負傷してシーズン絶望になるなどの誤算が重なり、5月以降、最下位に低迷した。その一方、バレンティンが、9月15日の対阪神戦(神宮)で日本プロ野球新記録のシーズン56号本塁打とアジア野球新記録の57号本塁打を記録し、最終的にシーズン本塁打を60本として3年連続本塁打王を獲得。投手では新人の小川泰弘が16勝4敗で最多勝と勝率第1位投手賞の2冠を獲得した。さらに、バレンティンはセ・リーグMVP、小川はセ・リーグ新人王を獲得した。最下位チームからMVPが選出されたのは史上初であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2935437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32797 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57077510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 6 (xsd:integer)
  • c00
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
  • 内野手8名
  • 育成選手
  • 外野手6名
  • 投手10名
  • 捕手3名
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#c00;color:#fff
prop-ja:list
  • 80 (xsd:integer)
  • *00 川島慶三 *6 宮本慎也 *7 田中浩康 *8 武内晋一 *33 畠山和洋 *46 谷内亮太 *48 岩村明憲 *68 森岡良介
  • * 11 由規 * 12 石山泰稚 * 13 太田裕哉 * 14 中澤雅人 * 15 村中恭兵 * 16 木谷良平 * 17 ラルー(途中入団) * 19 石川雅規 * 20 山本哲哉 * 21 松岡健一 * 22 増渕竜義 * 25 館山昌平 * 26 久古健太郎 * 29 小川泰弘 * 34 バーネット * 35 田川賢吾 * 38 中根佑二 * 40 古野正人 * 42 七條祐樹 * 43 江村将也 * 44 松井光介 * 45 日高亮 * 47 赤川克紀 * 49 大場達也 * 51 藤田太陽 * 53 ロマン * 58 阿部健太 * 61 正田樹 * 62 徳山武陽 * 63 山本斉 * 65 押本健彦 * 66 フェルナンデス * 67 平井諒 * 70 八木亮祐 * 91 金伏ウーゴ
  • * 111 佐藤貴規(外野手)
  • *2 相川亮二 *28 田中雅彦 *52 中村悠平
  • *0 比屋根渉 *9 飯原誉士 *41 雄平 *50 上田剛史 *57 松井淳 *85 ミレッジ
  • * 2 相川亮二 * 28 田中雅彦 * 30 西田明央 * 32 新田玄気 * 37 星野雄大 * 52 中村悠平 * 59 水野祐希
  • * 72 荒木大輔(投手) * 84 伊藤智仁(投手) * 82 佐藤真一(作戦兼打撃) * 96 池山隆寛(打撃) * 87 城石憲之(内野守備走塁) * 88 飯田哲也(外野守備走塁) * 71 中西親志(バッテリー) * 81 伊勢孝夫(ヒッティングコーディネーター)
  • *15 村中恭兵 *19 石川雅規 *20 山本哲哉 *21 松岡健一 *25 館山昌平 *26 久古健太郎 *34 バーネット *45 日高亮 *51 藤田太陽 *67 平井諒
  • * 0 比屋根渉 * 4 バレンティン * 9 飯原誉士 * 31 松元ユウイチ * 36 川上竜平 * 41 雄平 * 50 上田剛史 * 56 楠城祐介 * 57 松井淳 * 64 川崎成晃 * 85 ミレッジ
  • * 77 真中満(監督) * 92 伊東昭光(投手) * 93 加藤博人(投手) * 74 杉村繁(打撃) * 76 宮出隆自(打撃) * 75 土橋勝征(内野守備走塁) * 73 福地寿樹(外野守備走塁) * 86 小野公誠(バッテリー) * 89 松井優典(育成) * 98 石井弘寿(育成 / ストレングス担当)
  • * 00 川島慶三 * 5 川端慎吾 * 6 宮本慎也(一軍打撃コーチ兼任) * 7 田中浩康 * 8 武内晋一 * 10 藤本敦士 * 23 山田哲人 * 24 荒木貴裕 * 33 畠山和洋 * 39 又野知弥 * 46 谷内亮太 * 48 岩村明憲 * 54 水田圭介 * 55 野口祥順 * 60 三輪正義 * 68 森岡良介
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 2013 (xsd:integer)
  • 東京ヤクルトスワローズ 2013
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#006;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 東京ヤクルトスワローズ
prop-ja:前年
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 57 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ6位
prop-ja:次年
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 東京都新宿区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2013年の東京ヤクルトスワローズでは、2013年における東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。この年の東京ヤクルトスワローズは、小川淳司監督の4年目(2010年のシーズン途中から)のシーズンである。チームは開幕投手の館山昌平が先発第2戦で負傷してシーズン絶望になるなどの誤算が重なり、5月以降、最下位に低迷した。その一方、バレンティンが、9月15日の対阪神戦(神宮)で日本プロ野球新記録のシーズン56号本塁打とアジア野球新記録の57号本塁打を記録し、最終的にシーズン本塁打を60本として3年連続本塁打王を獲得。投手では新人の小川泰弘が16勝4敗で最多勝と勝率第1位投手賞の2冠を獲得した。さらに、バレンティンはセ・リーグMVP、小川はセ・リーグ新人王を獲得した。最下位チームからMVPが選出されたのは史上初であった。
rdfs:label
  • 2013年の東京ヤクルトスワローズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of