Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2013年の中日ドラゴンズは、1986年の監督代行を含めて3回目の高木守道監督体制の2年目のシーズンである。前年まで11年連続Aクラス入りしていた中日は、エース吉見が開幕直後に怪我で離脱したのもあり、当初から優勝戦線から離脱してAクラス入り争いに終始した。8月終了時点で3位広島に1.5ゲーム差とシーズン終盤までAクラス入りの望みを繋いだが、広島が9月以降に貯金7を重ねたのに対して、中日は勝率5割に留まり、シーズンを4位で終了し、連続Aクラス入りが11年で止まった。新加入のルナが7月に怪我で離脱するまで4割近い高打率でチームを牽引したが、荒木・井端・和田らベテラン選手が振るわず、リーグ最下位の得点力に終わった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2945300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29028 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 427 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57285732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 6 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
  • 育成選手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#009;color:#fff
prop-ja:list
  • 88 (xsd:integer)
  • * 78 鈴木孝政(監督) * 73 宇野勝(打撃兼総合) * 89 高橋三千丈(投手) * 86 小笠原孝(投手) * 82 金田進(捕手) * 74 川又米利(打撃) * 85 前原博之(内野守備走塁) * 97 英智(蔵本英智・外野守備走塁) * 84 早川和夫(育成) * 91 塚本洋(トレーニング) * 94 住田ワタリ(トレーニング)
  • * 201 宋相勲(外野手) * 204 赤坂和幸(外野手)
  • * 76 近藤真市(投手) * 71 今中慎二(投手) * 79 長谷部裕(捕手) * 81 彦野利勝(打撃) * 99 井上一樹(打撃) * 77 渡邉博幸(内野守備走塁) * 75 平野謙(外野守備走塁兼一塁ベースコーチ) * 87 上田佳範(外野守備走塁兼三塁ベースコーチ) * 98 善村一仁(コーチ補佐) * 90 三木安司(トレーニング) * 93 宮前岳巳(トレーニング)
  • * 11 川上憲伸 * 12 清水昭信 * 13 岩瀬仁紀 * 14 朝倉健太 * 16 小川龍也 * 17 雄太 * 18 伊藤準規 * 19 吉見一起 * 20 中田賢一 * 21 岡田俊哉 * 22 大野雄大 * 23 鈴木義広 * 24 福谷浩司 * 25 武藤祐太 * 26 山内壮馬 * 28 岩田慎司 * 29 山井大介 * 32 西川健太郎 * 34 山本昌 * 35 辻孟彦 * 39 三瀬幸司 * 41 浅尾拓也 * 42 ブラッドリー(9月退団) * 43 濱田達郎 * 45 田島慎二 * 49 井上公志 * 51 川崎貴弘 * 59 矢地健人 * 61 若松駿太 * 62 関啓扶 * 64 小熊凌祐 * 65 マドリガル * 67 高橋聡文 * 69 小林正人 * 70 カブレラ
  • * 4 藤井淳志 * 5 和田一浩 * 8 大島洋平 * 9 野本圭 * 40 平田良介 * 44 ディアス(3月退団) * 46 井藤真吾 * 56 松井佑介 * 57 吉田利一 * 63 堂上剛裕 * 66 古本武尊
  • * 27 谷繁元信 * 33 杉山翔大 * 38 前田章宏 * 47 松井雅人 * 52 小田幸平 * 58 田中大輔 * 68 赤田龍一郎
  • * 0 ルナ * 1 堂上直倫 * 2 荒木雅博 * 3 吉川大幾 * 6 井端弘和 * 7 山崎武司 * 30 森野将彦 * 31 高橋周平 * 36 谷哲也 * 37 岩崎恭平 * 48 溝脇隼人 * 50 中田亮二 * 53 柳田殖生 * 54 森越祐人 * 55 福田永将 * 60 クラーク
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 中日ドラゴンズ 2013
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#006;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 中日ドラゴンズ
prop-ja:前年
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 64 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ4位
prop-ja:次年
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 愛知県名古屋市東区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2013年の中日ドラゴンズは、1986年の監督代行を含めて3回目の高木守道監督体制の2年目のシーズンである。前年まで11年連続Aクラス入りしていた中日は、エース吉見が開幕直後に怪我で離脱したのもあり、当初から優勝戦線から離脱してAクラス入り争いに終始した。8月終了時点で3位広島に1.5ゲーム差とシーズン終盤までAクラス入りの望みを繋いだが、広島が9月以降に貯金7を重ねたのに対して、中日は勝率5割に留まり、シーズンを4位で終了し、連続Aクラス入りが11年で止まった。新加入のルナが7月に怪我で離脱するまで4割近い高打率でチームを牽引したが、荒木・井端・和田らベテラン選手が振るわず、リーグ最下位の得点力に終わった。
rdfs:label
  • 2013年の中日ドラゴンズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of