Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 前年優勝者のメラニー・ウダン&ジャック・ソック組は2回戦でサニア・ミルザ&コリン・フレミング組に敗退した。決勝ではノーシードのエカテリーナ・マカロワ&ブルーノ・ソアレス組が第4シードのクベタ・ペシュケ&マルチン・マトコフスキ組を 6–7(8–10), 6–1, [12–10] のファイナルタイブレークで下し優勝した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2655076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58631336 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:rd
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 決勝
  • 準決勝
  • 準々決勝
prop-ja:rd1Score
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 63 (xsd:integer)
  • 65 (xsd:integer)
  • 66 (xsd:integer)
  • '''6
  • '''7
  • '''[10]
  • [8]
  • '''77
  • '''78
  • [6]
  • '''[15]
  • [13]
prop-ja:rd1Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • WC
  • Alt
prop-ja:rd1Team
  • マックス・ミルヌイ
  • リーゼル・フーバー
  • 鄭潔
  • 謝淑薇
  • マルチン・マトコフスキ
  • B・ザフラボバ=ストリコバ
  • B・マテック=サンズ
  • D・ハンチュコバ
  • I・ベネソバ
  • J・ゲルゲス
  • J・メルツァー
  • B・ソアレス
  • F・チェルマク
  • H・テカウ
  • J・マレー
  • L・パエス
  • M・フィルステンベルク
  • M・ブパシ
  • M・ブライアン
  • M・マトコフスキ
  • M・ミルヌイ
  • R・ボパンナ
  • R・ラム
  • R・リンドステット
  • S・リプスキー
  • ブルーノ・ソアレス
  • ''' V・レプチェンコ
  • A・ペトコビッチ
  • K・スレボトニク
  • ''' A・フラバーチコバ
  • ''' E・ベスニナ
  • ''' K・ペシュケ
  • ''' L・フーバー
  • ''' N・リャゴステラ・ビベス
  • '''クベタ・ペシュケ
  • A-u-H・クレシ
  • B・ブライアン
  • C・フレミング
  • D・ネスター
  • D・ブラッチアリ
  • D・マレーロ
  • L・レイモンド
  • R・コップス=ジョーンズ
  • ''' A・ロディオノワ
  • ''' K・クライシュテルス
  • ''' M・ウダン
  • ''' S・スティーブンス
  • ''' S・ミルザ
  • E・ブトラック
  • G・ミン
  • M・クルーガー
  • TC・ユーイ
  • V・ウーリロバ
  • D・ヤング
  • I・ファルコニ
  • J-J・ロイヤー
  • フランティシェク・チェルマク
  • ''' E・マカロワ
  • ''' L・ハラデツカ
  • B・クラーン
  • J・ソック
  • S・ジョンソン
  • N・ジモニッチ
  • F・ポラセック
  • S・クロフォード
  • ルーシー・ハラデツカ
  • ''' G・ボスコボワ
  • ''' K・ヤンス=イグナシク
  • ''' A・スピアーズ
  • ''' エカテリーナ・マカロワ
  • B・バッティストーン
  • N・メリヒャル
prop-ja:rd2Score
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 62 (xsd:integer)
  • 66 (xsd:integer)
  • 67 (xsd:integer)
  • 68 (xsd:integer)
  • w/o
  • '''6
  • '''[10]
  • [5]
  • [7]
  • '''710
  • '''77
  • '''78
  • '''79
  • '''[12]
  • [10]
prop-ja:rd2Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • WC
prop-ja:rd2Team
  • クベタ・ペシュケ
  • マルチン・マトコフスキ
  • V・レプチェンコ
  • B・ソアレス
  • F・チェルマク
  • L・パエス
  • M・フィルステンベルク
  • M・ブパシ
  • M・マトコフスキ
  • M・ミルヌイ
  • R・ラム
  • S・リプスキー
  • ブルーノ・ソアレス
  • M・ウダン
  • ''' E・ベスニナ
  • ''' K・ペシュケ
  • ''' L・フーバー
  • ''' N・リャゴステラ・ビベス
  • A・スピアーズ
  • A・フラバーチコバ
  • B・ブライアン
  • C・フレミング
  • D・ブラッチアリ
  • D・マレーロ
  • ''' A・ロディオノワ
  • ''' S・ミルザ
  • K・クライシュテルス
  • S・スティーブンス
  • D・ヤング
  • J-J・ロイヤー
  • ''' E・マカロワ
  • ''' L・ハラデツカ
  • G・ボスコボワ
  • J・ソック
  • K・ヤンス=イグナシク
  • ''' エカテリーナ・マカロワ
prop-ja:rd3Score
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 62 (xsd:integer)
  • '''6
  • '''7
  • '''[10]
  • [7]
  • '''77
prop-ja:rd3Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:rd3Team
  • E・ベスニナ
  • S・ミルザ
  • B・ソアレス
  • F・チェルマク
  • L・パエス
  • M・マトコフスキ
  • M・ミルヌイ
  • A・ロディオノワ
  • ''' K・ペシュケ
  • ''' L・フーバー
  • C・フレミング
  • D・マレーロ
  • N・リャゴステラ・ビベス
  • J-J・ロイヤー
  • ''' E・マカロワ
  • ''' L・ハラデツカ
prop-ja:rd4Score
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • '''6
  • '''7
prop-ja:rd4Seed
  • 1 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:rd4Team
  • L・ハラデツカ
  • B・ソアレス
  • F・チェルマク
  • M・マトコフスキ
  • M・ミルヌイ
  • '''K・ペシュケ
  • L・フーバー
  • ''' E・マカロワ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 前年優勝者のメラニー・ウダン&ジャック・ソック組は2回戦でサニア・ミルザ&コリン・フレミング組に敗退した。決勝ではノーシードのエカテリーナ・マカロワ&ブルーノ・ソアレス組が第4シードのクベタ・ペシュケ&マルチン・マトコフスキ組を 6–7(8–10), 6–1, [12–10] のファイナルタイブレークで下し優勝した。
rdfs:label
  • 2012年全米オープン混合ダブルス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of