Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2012年のNFLドラフトは77回目のNFLドラフト。2012年4月26日から28日までの3日間ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催され、NFL32チームから合計253名の選手が指名された。初日に1巡指名の32選手、2日目には2巡と3巡の指名、3日目には4巡から7巡の指名が行われた。1巡指名選手の発表はロジャー・グッデルコミッショナーが、2巡指名選手(2巡指名権のないチームは3巡指名選手)の発表は各チームのレジェンド(伝説の選手)により行われた。ドラフト1巡指名より多くのトレードアップ、トレードダウンが行われた。またEAスポーツのマッデンNFL13のカバーアスリートに選ばれたデトロイト・ライオンズのカルビン・ジョンソンも登場している。2011年シーズン、最も成績の悪かったインディアナポリス・コルツから完全ウェーバー制で指名が行われた。ドラフト前の4月24日コルツのライアン・グリグソンGMは全体1位指名で、2010年にハイズマン賞を受賞したアンドリュー・ラックを獲得することを発表した。2011年、ペイトン・マニングの連続出場がストップし、開幕から連敗続きだったコルツでは、ファンが全体1位指名権を翌年獲得できるよう、コルツが負けることを祈る "Suck for Luck" と呼ばれるキャンペーンも行われた。これまでのドラフトで最も多い26人の新人選手が招待され、その内の20名がドラフト1巡で指名された。7巡まで253名が指名され、アメリカ国外からもカナダのタイロン・クロフォード(3巡81位)、フィリップ・ブレイク(4巡108位)、イギリスのジャック・クロフォード(5巡158位)、アンゴラのクリスト・ビルキディ(6巡189位)、ドイツのマーカス・クーン(7巡239位)の5選手が指名を受けた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2602249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 757 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59146285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2012年のNFLドラフトは77回目のNFLドラフト。2012年4月26日から28日までの3日間ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催され、NFL32チームから合計253名の選手が指名された。初日に1巡指名の32選手、2日目には2巡と3巡の指名、3日目には4巡から7巡の指名が行われた。1巡指名選手の発表はロジャー・グッデルコミッショナーが、2巡指名選手(2巡指名権のないチームは3巡指名選手)の発表は各チームのレジェンド(伝説の選手)により行われた。ドラフト1巡指名より多くのトレードアップ、トレードダウンが行われた。またEAスポーツのマッデンNFL13のカバーアスリートに選ばれたデトロイト・ライオンズのカルビン・ジョンソンも登場している。2011年シーズン、最も成績の悪かったインディアナポリス・コルツから完全ウェーバー制で指名が行われた。ドラフト前の4月24日コルツのライアン・グリグソンGMは全体1位指名で、2010年にハイズマン賞を受賞したアンドリュー・ラックを獲得することを発表した。2011年、ペイトン・マニングの連続出場がストップし、開幕から連敗続きだったコルツでは、ファンが全体1位指名権を翌年獲得できるよう、コルツが負けることを祈る "Suck for Luck" と呼ばれるキャンペーンも行われた。これまでのドラフトで最も多い26人の新人選手が招待され、その内の20名がドラフト1巡で指名された。7巡まで253名が指名され、アメリカ国外からもカナダのタイロン・クロフォード(3巡81位)、フィリップ・ブレイク(4巡108位)、イギリスのジャック・クロフォード(5巡158位)、アンゴラのクリスト・ビルキディ(6巡189位)、ドイツのマーカス・クーン(7巡239位)の5選手が指名を受けた。
rdfs:label
  • 2012年のNFLドラフト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of