Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2011 PDC CHALLENGE TOURNAMENTは、2011年に開催された3度目のPDC CHALLENGE TOURNAMENTである。スポンサーシップの関係上、DARTSLIVE presents PDC CHALLENGE TOURNAMENT 2011となることもある。この年より、Open TournamentとLadies Tournamentの2つが開催されるようになった。Open Tournamentの優勝者には、例年通り2012 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの出場権が与えられる。そして、Ladies Tournamentの優勝者には、PDC ウィメンズ・ワールド・チャンピオンシップの出場権が与えられる予定になっているが、変更になる可能性もあるとしていた。Open Tournamentのチャンピオン及び2012 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ出場者は、村松治樹となった。村松は、初開催の2009 PDC CHALLENGE TOURNAMENTも優勝しているため、PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ出場も、この時が2度目である。この年におけるThe Finalも、来日したラス・ブレイがレフリーを務めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2467557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 98334 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56816930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:champion(s)_
  • 村松治樹
prop-ja:country
  • 日本
prop-ja:dates
  • --05-22
  • --07-18
  • --10-01
prop-ja:format
  • legs
prop-ja:internet
  • YouTube
prop-ja:location
prop-ja:organisation(s)_
  • PDJ
prop-ja:rd
  • 決勝
  • 準決勝
  • 準々決勝
prop-ja:rd1Score
  • 2 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:rd1Seed
  • 西
prop-ja:rd1Team
  • 今野威 ()
  • 佐川研生 ()
  • 勝見翔 ()
  • 村松治樹 ()
  • 榎股慎吾 ()
  • 橋本守容 ()
  • 清水浩明 ()
  • 田辺荘一 ()
prop-ja:rd2Score
  • 1 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:rd2Seed
  • 西
prop-ja:rd2Team
  • 勝見翔 ()
  • 村松治樹 ()
  • 橋本守容 ()
  • 田辺荘一 ()
prop-ja:rd3Score
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:rd3Seed
prop-ja:rd3Team
  • 勝見翔 ()
  • 村松治樹 ()
prop-ja:teamWidth
  • 160 (xsd:integer)
prop-ja:tournamentName
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:venue
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2011 PDC CHALLENGE TOURNAMENTは、2011年に開催された3度目のPDC CHALLENGE TOURNAMENTである。スポンサーシップの関係上、DARTSLIVE presents PDC CHALLENGE TOURNAMENT 2011となることもある。この年より、Open TournamentとLadies Tournamentの2つが開催されるようになった。Open Tournamentの優勝者には、例年通り2012 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの出場権が与えられる。そして、Ladies Tournamentの優勝者には、PDC ウィメンズ・ワールド・チャンピオンシップの出場権が与えられる予定になっているが、変更になる可能性もあるとしていた。Open Tournamentのチャンピオン及び2012 PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ出場者は、村松治樹となった。村松は、初開催の2009 PDC CHALLENGE TOURNAMENTも優勝しているため、PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップ出場も、この時が2度目である。この年におけるThe Finalも、来日したラス・ブレイがレフリーを務めた。
rdfs:label
  • 2011 PDC CHALLENGE TOURNAMENT
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of