Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2011年のNASCARネイションワイド・シリーズは、30年目のシーズンとなる。2月19日のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおけるドライブ4COPD 300で始まり、11月19日のホームステッド=マイアミ・スピードウェイにおけるフォード300で終了した。今シーズンはアイオワ・スピードウェイとシカゴランド・スピードウェイでのレースが追加された一方、ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイでのレースがカレンダーから外れた。ジャック・ラウシュがオーナーズ・チャンピオンシップを獲得、ラウシュ・フェンウェイ・レーシングのリッキー・ステンハウスJr.が最終戦のフォード300で2位に入りタイトルを獲得した。マニファクチャラーズ・タイトルはフォードが212ポイントを挙げて獲得した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2577140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 96713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59080658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • NASCARネイションワイド・シリーズ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 2011 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2011年のNASCARネイションワイド・シリーズは、30年目のシーズンとなる。2月19日のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおけるドライブ4COPD 300で始まり、11月19日のホームステッド=マイアミ・スピードウェイにおけるフォード300で終了した。今シーズンはアイオワ・スピードウェイとシカゴランド・スピードウェイでのレースが追加された一方、ゲートウェイ・インターナショナル・レースウェイでのレースがカレンダーから外れた。ジャック・ラウシュがオーナーズ・チャンピオンシップを獲得、ラウシュ・フェンウェイ・レーシングのリッキー・ステンハウスJr.が最終戦のフォード300で2位に入りタイトルを獲得した。マニファクチャラーズ・タイトルはフォードが212ポイントを挙げて獲得した。
rdfs:label
  • 2011年のNASCARネイションワイド・シリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of