Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2011年の読売ジャイアンツ(2011ねんのよみうりジャイアンツ)では、2011年の読売ジャイアンツの動向についてまとめる。このシーズンの読売ジャイアンツは2回目の原辰徳監督体制の6年目(通算8年目)のシーズンである。この年の3月11日に東日本大震災が発生し、日程を遅らせて開幕した。巨人は、このシーズンから導入された低反発の統一球に長距離打者を揃えた打線が対応できず、シーズン序盤は低迷した。後半戦に入ると、打線が復調し、中日とともに、首位ヤクルトを猛追し、9月以降は中日・ヤクルトとの三つ巴の戦いとなった。最終的に、9月以降に貯金15を重ねた中日が逆転で優勝し、巨人はシーズンを3位で終えた。クライマックスシリーズの第1ステージでヤクルトに敗れ、日本シリーズに出場できなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2951234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58803859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • f60
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
  • 育成選手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#000;color:#fff
prop-ja:list
  • 88 (xsd:integer)
  • *78 川相昌弘(監督) *70 小谷正勝(投手) *82 木村龍治(投手) *90 河本育之(投手) *86 岸川勝也(打撃) *87 荒井幸雄(打撃) *81 清水崇行(打撃) *73 森脇浩司(内野守備走塁) *74 小関竜也(外野守備走塁) *92 野村克則(バッテリー) *102 内藤重人(トレーニング) *101 伊藤博(トレーニング) *103 会田有志(トレーニング補佐) *84 吉原孝介(育成チーフ) *104 中本茂樹(投手育成) *105 玉木重雄(投手育成) *106 上田和明(育成)
  • *83 岡崎郁(ヘッド) *71 川口和久(投手総合) *85 斎藤雅樹(投手) *72 香田勲男(投手) *77 吉村禎章(打撃) *80 江藤智(打撃) *75 勝呂壽統(内野守備走塁) *79 大西崇之(外野守備走塁) *89 村田真一(バッテリー) *76 白坂契(トレーニング) *100 ターニー(トレーニング)
  • *0 工藤隆人(6月退団) *0 大村三郎(6月入団) *5 ラミレス *7 長野久義 *8 谷佳知 *12 鈴木尚広 *24 高橋由伸 *31 松本哲也 *44 紺田敏正 *48 矢野謙次 *50 加治前竜一 *65 橋本到 *69 隠善智也
  • *11 久保裕也 *13 高木康成 *15 澤村拓一 *17 東野峻 *20 バニスター(4月退団) *22 越智大祐 *26 内海哲也 *28 金刃憲人 *29 グライシンガー *30 宮国椋丞 *35 西村健太朗 *36 MICHAEL *37 須永英輝 *38 朝井秀樹 *39 ロメロ *41 アルバラデホ *42 トーレス *45 野間口貴彦 *46 土本恭平 *47 山口鉄也 *49 ゴンザレス *57 古川祐樹 *59 福田聡志 *60 小野淳平 *62 上野貴久 *63 中里篤史 *67 齋藤圭祐 *68 田中太一 *93 笠原将生 *94 小山雄輝 *95 星野真澄 *96 林羿豪 *97 黄志龍 *98 辻内崇伸 *99 藤井秀悟
  • *00 寺内崇幸 *2 小笠原道大 *6 坂本勇人 *9 亀井義行 *23 脇谷亮太 *25 フィールズ(7月入団) *31 高橋信二(5月入団) *33 ライアル(10月退団) *51 古城茂幸 *52 円谷英俊 *54 藤村大介 *55 大田泰示 *56 仲澤広基 *58 福元淳史(5月支配下登録) *61 中井大介 *66 田中大二郎 *91 山本和作(5月支配下登録)
  • *10 阿部慎之助 *27 市川友也 *40 加藤健 *43 鶴岡一成 *53 實松一成 *58 星孝典(5月退団) *64 鬼屋敷正人
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 読売ジャイアンツ 2011
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#f60;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 読売ジャイアンツ
prop-ja:前年
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 71 (xsd:integer)
  • CS第1ステージ敗退
  • セントラル・リーグ3位
  • 対ヤクルト 1勝2敗
prop-ja:次年
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
  • 読売新聞グループ本社
prop-ja:都市
  • 東京都文京区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2011年の読売ジャイアンツ(2011ねんのよみうりジャイアンツ)では、2011年の読売ジャイアンツの動向についてまとめる。このシーズンの読売ジャイアンツは2回目の原辰徳監督体制の6年目(通算8年目)のシーズンである。この年の3月11日に東日本大震災が発生し、日程を遅らせて開幕した。巨人は、このシーズンから導入された低反発の統一球に長距離打者を揃えた打線が対応できず、シーズン序盤は低迷した。後半戦に入ると、打線が復調し、中日とともに、首位ヤクルトを猛追し、9月以降は中日・ヤクルトとの三つ巴の戦いとなった。最終的に、9月以降に貯金15を重ねた中日が逆転で優勝し、巨人はシーズンを3位で終えた。クライマックスシリーズの第1ステージでヤクルトに敗れ、日本シリーズに出場できなかった。
rdfs:label
  • 2011年の読売ジャイアンツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of