Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2010年の横浜ベイスターズ(2010ねんのよこはまベイスターズ)では、2010年における横浜ベイスターズの動向をまとめる。この年の横浜ベイスターズは、尾花高夫監督の1年目のシーズンである。4月は借金3と前年より健闘したが、その後は投手陣が崩壊し、交流戦では最下位に低迷、早々に優勝戦線及びクライマックスシリーズ争いから脱落した。その後もチーム状態が好転することなく、シーズンをセ・リーグ最下位で終えた。シーズン終盤以降には住生活グループへの買収交渉がチームの話題の中心になったが、最終的に翌年もTBSが球団保有を継続することになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2955505 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57268338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 3 (xsd:integer)
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
  • ccc
prop-ja:group
  • コーチ
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 育成選手
  • 湘南シーレックス
prop-ja:group3style
  • background-color:#09b;color:#fff
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#003;color:#ccc
prop-ja:list
  • 87 (xsd:integer)
  • *5 野口寿浩 *10 橋本将 *29 新沼慎二 *36 細山田武史 *59 黒羽根利規 *61 武山真吾
  • *78 田代富雄(監督) *74 吉田篤史(投手) *85 山下和彦(バッテリー) *77 鈴木尚典(打撃) *80 中根仁(打撃兼外野守備走塁) *79 水谷新太郎(内野守備走塁) *73 秋元宏作(育成) *70 蓬莱昭彦(育成)
  • *86 島田誠(ヘッド) *75 野村弘樹(投手) *81 岡本克道(投手) *72 福澤洋一(バッテリー) *84 杉村繁(打撃チーフ) *71 波留敏夫(打撃) *83 馬場敏史(内野守備走塁) *90 井上純(外野守備走塁)
  • *11 山口俊 *13 弥太郎 *14 小林太志 *15 高宮和也 *16 加賀繁 *17 清水直行 *18 三浦大輔 *19 藤江均 *20 木塚敦志 *22 高崎健太郎 *24 寺原早人 *27 ブーチェック *28 秦裕二 *30 真田裕貴 *34 篠原貴行 *35 牛田成樹 *38 桑原謙太朗 *41 小山田保裕 *44 大家友和 *45 吉原道臣 *46 田中健二朗 *47 眞下貴之 *48 安斉雄虎 *49 福田岳洋 *52 江尻慎太郎 *54 小杉陽太 *56 杉原洋 *57 加藤康介 *58 阿斗里 *60 佐藤祥万 *64 松山傑 *66 王溢正 *68 ランドルフ
  • *0 山崎憲晴 *2 内川聖一 *4 北川隼行 *7 石川雄洋 *23 藤田一也 *25 村田修一 *26 佐伯貴弘 *32 稲田直人 *42 ハーパー *43 北篤 *51 カスティーヨ *53 野中信吾 *55 筒香嘉智 *62 高森勇気 *63 梶谷隆幸
  • *111 国吉佑樹(投手) *112 杉本昌都(捕手) *113 陳瑋(投手) *114 王靖超(内野手) *115 小林公太(投手)
  • *00 森笠繁 *1 金城龍彦 *3 スレッジ *6 松本啓二朗 *9 下窪陽介 *12 井手正太郎 *31 吉村裕基 *33 大西宏明 *37 早川大輔 *39 内藤雄太 *40 桑原義行 *50 下園辰哉 *67 坂本大空也
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 横浜ベイスターズ 2010
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#039;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
  • 若林貴世志(TBSHD 取締役相談役)
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 横浜ベイスターズ
prop-ja:年度
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 48 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ6位
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 神奈川県横浜市
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2010年の横浜ベイスターズ(2010ねんのよこはまベイスターズ)では、2010年における横浜ベイスターズの動向をまとめる。この年の横浜ベイスターズは、尾花高夫監督の1年目のシーズンである。4月は借金3と前年より健闘したが、その後は投手陣が崩壊し、交流戦では最下位に低迷、早々に優勝戦線及びクライマックスシリーズ争いから脱落した。その後もチーム状態が好転することなく、シーズンをセ・リーグ最下位で終えた。シーズン終盤以降には住生活グループへの買収交渉がチームの話題の中心になったが、最終的に翌年もTBSが球団保有を継続することになった。
rdfs:label
  • 2010年の横浜ベイスターズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of