Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ(2010ねんのとうきょうヤクルトスワローズ)では、2010年における東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2955266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57077496 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 6 (xsd:integer)
  • c00
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
prop-ja:group
  • コーチ
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 二軍監督・コーチ
  • 育成選手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#c00;color:#fff
prop-ja:list
  • *88 高田繁(5月休養) *80 小川淳司(5月就任、代行)
  • *2 相川亮二 *28 川本良平 *32 新田玄気 *37 福川将和 *38 衣川篤史 *51 米野智人(6月退団) *52 中村悠平 *59 水野祐希
  • *113 塚本浩二(投手) *114 麻生知史(内野手) *115 フェルナンデス(投手) *117 曲尾マイケ(外野手)
  • *80 小川淳司(ヘッド) *72 荒木大輔(投手) *84 伊藤智仁(投手) *79 淡口憲治(打撃) *82 佐藤真一(打撃) *87 城石憲之(守備走塁) *85 飯田哲也(守備走塁) *71 中西親志(バッテリー)
  • *11 由規 *12 林昌勇 *13 佐藤賢 *14 中澤雅人 *15 村中恭兵 *16 加藤幹典 *17 川島亮 *19 石川雅規 *20 山本哲哉 *21 松岡健一 *22 増渕竜義 *25 館山昌平 *26 岡本秀寛 *29 ユウキ *30 西崎聡 *34 八木亮祐 *35 橋本義隆 *42 萩原淳 *43 一場靖弘 *44 松井光介 *45 日高亮 *47 赤川克紀 *48 鎌田祐哉(6月退団) *48 渡辺恒樹(6月入団) *49 李恵践 *51 山岸穣(6月入団) *54 高市俊 *58 高木啓充 *61 石井弘寿 *62 吉川昌宏 *63 山本斉 *64 バーネット *65 押本健彦 *66 山田弘喜 *67 平井諒 *70 デラクルス
  • *89 猿渡寛茂(監督) *74 八木沢荘六(投手) *99 山部太(投手) *73 大田卓司(打撃) *77 真中満(打撃) *75 土橋勝征(守備走塁) *83 度会博文(守備走塁) *78 古久保健二(バッテリー) *97 高橋寛(育成) *95 朴石鎮(投手)
  • *0 志田宗大 *1 青木宣親 *3 福地寿樹 *5 ガイエル *9 飯原誉士 *31 松元ユウイチ *41 高井雄平 *50 上田剛史 *56 中尾敏浩 *57 松井淳
  • *00 川島慶三 *4 デントナ *6 宮本慎也 *7 田中浩康 *8 武内晋一 *10 藤本敦士 *24 荒木貴裕 *33 畠山和洋 *36 川端慎吾 *39 梶本勇介 *40 吉本亮 *46 鬼崎裕司 *53 ホワイトセル(6月入団) *55 野口祥順 *60 三輪正義 *68 森岡良介
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 東京ヤクルトスワローズ 2010
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#006;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 東京ヤクルトスワローズ
prop-ja:前年
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 72 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ4位
prop-ja:次年
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 東京都新宿区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ(2010ねんのとうきょうヤクルトスワローズ)では、2010年における東京ヤクルトスワローズの動向をまとめる。この年の東京ヤクルトスワローズは、高田繁監督の3年目のシーズンである。シーズン序盤から借金を重ね、交流戦に入ると全く勝てなくなり、交流戦開始から9連敗したところで、高田監督が辞任を申し出て、残りのシーズンをヘッドコーチの小川淳司が監督を代行することになった。小川監督代行が打線を組み替え、不振のデントナに代わり、守備の不安から起用が控えられていた畠山を本職ではない外野でスタメン起用し、ホワイトセルを獲得すると、得点力が大幅に上昇し、チーム成績が急上昇した。監督代行就任時に19あった借金は8月25日に完済し、クライマックスシリーズに手の届く所までチームを建て直したが、序盤の借金が響き、最終的にシーズンを4位で終えた。そして、翌シーズンの監督に小川監督代行が就任することが決定した。
rdfs:label
  • 2010年の東京ヤクルトスワローズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of