Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 201型潜水艦 (201がたせんすいかん、ドイツ語: U-Boot-Klasse 201) は、ドイツ連邦海軍(西ドイツ海軍)が運用していた通常動力型潜水艦の艦級。第二次世界大戦後、初めて新規に建造された艦級。東西ドイツ分裂下での西ドイツの主権回復(1955年)と再軍備に先立つ軍備制限議定書(1954年)に基づき課せられた制限の範囲内で設計されたため、極めて小型の艦型である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 726673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57962151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:乗員
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 4.6 m
prop-ja:全長
  • 43.5 m
prop-ja:兵装
  • 533 (xsd:integer)
prop-ja:前級
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 201 (xsd:integer)
prop-ja:就役期間
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:排水量
  • 水上: 395 t
  • 水中: 433 t
prop-ja:機関
prop-ja:機関出力
  • ディーゼル: 1,200 hp
  • 電動機: 1,700 hp
prop-ja:次級
  • 205 (xsd:integer)
prop-ja:潜航深度
  • 159 m
prop-ja:画像
  • 290 (xsd:integer)
prop-ja:航続距離
  • 水上: 2,750海里
  • 水中: 270海里
prop-ja:艦種
prop-ja:速力
  • 水上: 10ノット
  • 水中: 17ノット
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 201型潜水艦 (201がたせんすいかん、ドイツ語: U-Boot-Klasse 201) は、ドイツ連邦海軍(西ドイツ海軍)が運用していた通常動力型潜水艦の艦級。第二次世界大戦後、初めて新規に建造された艦級。東西ドイツ分裂下での西ドイツの主権回復(1955年)と再軍備に先立つ軍備制限議定書(1954年)に基づき課せられた制限の範囲内で設計されたため、極めて小型の艦型である。
rdfs:label
  • 201型潜水艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of