Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:GrandPrix/course
  • 3.34
dbpedia-owl:GrandPrix/distance
  • 260.52
dbpedia-owl:abstract
  • 2006年モナコグランプリ (LXIV Grand Prix de Monaco) は、2006年F1世界選手権の第7戦として、2006年5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。開幕から6戦目までルノーのフェルナンド・アロンソが表彰台を獲得し、3勝を挙げていた。ミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの持つモナコ最多勝利(6勝)を視野に入れていた。レースはシューマッハが予選セッション終盤にとった行動で人々に印象付けられた。「ラスカス」コーナーで立ち往生し、アロンソの予選アタックが妨げられた。シューマッハの行動が故意であったかは論争の的であるが、結局スチュワードからは故意と見なされ、最後尾からのスタートとなる。結果として2番手であったアロンソがポールポジションを獲得した。アロンソは4勝目を挙げ、これは彼にとって初のモナコ制覇となった。2位はファン・パブロ・モントーヤ、3位にはデヴィッド・クルサードが入った。クルサードはヤルノ・トゥルーリの油圧系故障を利用しこれをかわした。レッドブルの初の表彰台獲得であった。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:course
  • 3340.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distance
  • 260520.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distanceLaps
  • 261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:fastestDriver
dbpedia-owl:fastestDriverCountry
dbpedia-owl:firstDriver
dbpedia-owl:firstDriverCountry
dbpedia-owl:poleDriver
dbpedia-owl:poleDriverCountry
dbpedia-owl:secondDriver
dbpedia-owl:secondDriverCountry
dbpedia-owl:thirdDriver
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2340180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56319180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2位ドライバー
prop-ja:3位ドライバー
prop-ja:flタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:flドライバー
prop-ja:ppタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ppドライバー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グランプリ名
  • モナコ
prop-ja:コースレイアウト
  • Monte Carlo Formula 1 track map.svg
prop-ja:コース長
  • 3.34
prop-ja:シーズン
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:レース距離
  • 260.52
prop-ja:優勝ドライバー
prop-ja:前回
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:前戦
  • スペイン
prop-ja:日本以外
  • #
prop-ja:次回
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:次戦
  • イギリス
prop-ja:決勝日天候
  • 晴れ
prop-ja:決勝開催日
  • --05-28
prop-ja:開催サーキット
prop-ja:開催年
  • 2006 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 2006年モナコグランプリ (LXIV Grand Prix de Monaco) は、2006年F1世界選手権の第7戦として、2006年5月28日にモンテカルロ市街地コースで開催された。開幕から6戦目までルノーのフェルナンド・アロンソが表彰台を獲得し、3勝を挙げていた。ミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの持つモナコ最多勝利(6勝)を視野に入れていた。レースはシューマッハが予選セッション終盤にとった行動で人々に印象付けられた。「ラスカス」コーナーで立ち往生し、アロンソの予選アタックが妨げられた。シューマッハの行動が故意であったかは論争の的であるが、結局スチュワードからは故意と見なされ、最後尾からのスタートとなる。結果として2番手であったアロンソがポールポジションを獲得した。アロンソは4勝目を挙げ、これは彼にとって初のモナコ制覇となった。2位はファン・パブロ・モントーヤ、3位にはデヴィッド・クルサードが入った。クルサードはヤルノ・トゥルーリの油圧系故障を利用しこれをかわした。レッドブルの初の表彰台獲得であった。
rdfs:label
  • 2006年モナコグランプリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • モナコ
  • モンテカルロ市街地コース
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of