Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:GrandPrix/course
  • 4.361
dbpedia-owl:GrandPrix/distance
  • 70.0
dbpedia-owl:abstract
  • 2006年カナダグランプリは、2006年F1世界選手権第9戦として、2006年6月25日にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催された。フェルナンド・アロンソが勝利し、ミハエル・シューマッハに対するリードを広げることとなった。シューマッハは2ラップを残した時点でキミ・ライコネンをパスし、2位に入賞した。ミッドランドの2台がスタート後にヘアピンカーブでクラッシュした。2ラップ目にはファン・パブロ・モントーヤとニコ・ロズベルグが接触、セーフティーカーが出動した。ロズベルグはリタイヤしたが、モントーヤは走行を続け、13周目に壁に衝突、リタイヤした。シューマッハは先を走るトゥルーリに阻まれ、ようやくパスしたときにはアロンソがかなりのリードを築いていた。しかしながら、ペースの遅いラルフ・シューマッハをパスしようとしたジャック・ヴィルヌーヴが壁に衝突、クラッシュすると再びセーフティカーが出動した。ラルフも結局リタイヤすることとなった。2位を走るライコネンはセーフティーカーによってアロンソとの差が縮められるチャンスを得たものの、これを生かすことはできなかった。彼は終盤にミハエル・シューマッハにパスされ3位でフィニッシュすることとなった。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:course
  • 4361.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distance
  • 70000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distanceLaps
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:fastestDriver
dbpedia-owl:fastestDriverCountry
dbpedia-owl:firstDriver
dbpedia-owl:firstDriverCountry
dbpedia-owl:location
dbpedia-owl:poleDriver
dbpedia-owl:poleDriverCountry
dbpedia-owl:secondDriver
dbpedia-owl:secondDriverCountry
dbpedia-owl:thirdDriver
dbpedia-owl:thirdDriverCountry
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2261352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56318995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2位ドライバー
prop-ja:3位ドライバー
  • キミ・ライコネン
prop-ja:flドライバー
prop-ja:ppドライバー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グランプリ名
  • カナダ
prop-ja:コースレイアウト
  • Circuit Gilles Villeneuve.svg
prop-ja:コース長
  • 4.361
prop-ja:シーズン
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:レース距離
  • 70 (xsd:integer)
prop-ja:優勝ドライバー
  • フェルナンド・アロンソ
prop-ja:前回
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:前戦
  • イギリス
prop-ja:日本以外
  • #
prop-ja:次回
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:次戦
  • アメリカ
prop-ja:決勝開催日
  • --06-25
prop-ja:開催サーキット
prop-ja:開催サーキット所在地
prop-ja:開催年
  • 2006 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 2006年カナダグランプリは、2006年F1世界選手権第9戦として、2006年6月25日にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催された。フェルナンド・アロンソが勝利し、ミハエル・シューマッハに対するリードを広げることとなった。シューマッハは2ラップを残した時点でキミ・ライコネンをパスし、2位に入賞した。ミッドランドの2台がスタート後にヘアピンカーブでクラッシュした。2ラップ目にはファン・パブロ・モントーヤとニコ・ロズベルグが接触、セーフティーカーが出動した。ロズベルグはリタイヤしたが、モントーヤは走行を続け、13周目に壁に衝突、リタイヤした。シューマッハは先を走るトゥルーリに阻まれ、ようやくパスしたときにはアロンソがかなりのリードを築いていた。しかしながら、ペースの遅いラルフ・シューマッハをパスしようとしたジャック・ヴィルヌーヴが壁に衝突、クラッシュすると再びセーフティカーが出動した。ラルフも結局リタイヤすることとなった。2位を走るライコネンはセーフティーカーによってアロンソとの差が縮められるチャンスを得たものの、これを生かすことはできなかった。彼は終盤にミハエル・シューマッハにパスされ3位でフィニッシュすることとなった。
rdfs:label
  • 2006年カナダグランプリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • カナダ
  • ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of