Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:GrandPrix/course
  • 5.141
dbpedia-owl:GrandPrix/distance
  • 60.0
dbpedia-owl:abstract
  • 2006年イギリスグランプリは、2006年F1世界選手権第8戦として、2006年6月11日にシルバーストン・サーキットで開催された。観戦チケットの売れ行きは悪く、レースは地元のジェンソン・バトンが不調であった昨シーズンに比べ、かなり早く予定されていた。またそのスケジュールはワールドカップ、イングランドの初戦と重なることとなった。バトンは予選で不調を囲い、19番手でスタートすることとなった。バトンのホンダは9ラップ目にオイル漏れのため出火し、リタイヤすることとなった。スコットランド人のデヴィッド・クルサードはアンダーステアに苦しめられていた。フェルナンド・アロンソはハットトリック(ポールポジション、優勝、ファステストラップ)を記録した最初のスペイン人ドライバーかつ最年少ドライバー(24歳10ヶ月と13日)になった。また、このレースは女性がピット作業を担当した初めてのレースとなった。ミッドランドF1のティアゴ・モンテイロがピットストップした際、ITVのピットレポーター、ルイーズ・グッドマンが左リヤタイヤの交換を担当した。レースは1ラップ目でスコット・スピードがハンガー・ストレートの入り口において、ラルフ・シューマッハのトヨタがマーク・ウェバーをパスしようとしたときに接触した。シューマッハとウェバーはリタイヤし、スピードはピットまでたどり着いたもののそのままガレージに入ることとなった。
dbpedia-owl:course
  • 5141.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distance
  • 60000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:distanceLaps
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:fastestDriver
dbpedia-owl:fastestDriverCountry
dbpedia-owl:firstDriver
dbpedia-owl:firstDriverCountry
dbpedia-owl:location
dbpedia-owl:poleDriver
dbpedia-owl:poleDriverCountry
dbpedia-owl:secondDriver
dbpedia-owl:secondDriverCountry
dbpedia-owl:thirdDriver
dbpedia-owl:thirdDriverCountry
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2261393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56318954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:2位ドライバー
prop-ja:3位ドライバー
prop-ja:flタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:flドライバー
  • フェルナンド・アロンソ
prop-ja:ppタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ppドライバー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グランプリ名
  • イギリス
prop-ja:コースレイアウト
  • Circuit Silverstone.png
prop-ja:コース長
  • 5.141
prop-ja:シーズン
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:レース距離
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:優勝ドライバー
  • フェルナンド・アロンソ
prop-ja:前回
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:前戦
  • モナコ
prop-ja:日本以外
  • #
prop-ja:次回
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:次戦
  • カナダ
prop-ja:決勝開催日
  • --06-11
prop-ja:開催サーキット
prop-ja:開催サーキット所在地
prop-ja:開催年
  • 2006 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 2006年イギリスグランプリは、2006年F1世界選手権第8戦として、2006年6月11日にシルバーストン・サーキットで開催された。観戦チケットの売れ行きは悪く、レースは地元のジェンソン・バトンが不調であった昨シーズンに比べ、かなり早く予定されていた。またそのスケジュールはワールドカップ、イングランドの初戦と重なることとなった。バトンは予選で不調を囲い、19番手でスタートすることとなった。バトンのホンダは9ラップ目にオイル漏れのため出火し、リタイヤすることとなった。スコットランド人のデヴィッド・クルサードはアンダーステアに苦しめられていた。フェルナンド・アロンソはハットトリック(ポールポジション、優勝、ファステストラップ)を記録した最初のスペイン人ドライバーかつ最年少ドライバー(24歳10ヶ月と13日)になった。また、このレースは女性がピット作業を担当した初めてのレースとなった。ミッドランドF1のティアゴ・モンテイロがピットストップした際、ITVのピットレポーター、ルイーズ・グッドマンが左リヤタイヤの交換を担当した。レースは1ラップ目でスコット・スピードがハンガー・ストレートの入り口において、ラルフ・シューマッハのトヨタがマーク・ウェバーをパスしようとしたときに接触した。シューマッハとウェバーはリタイヤし、スピードはピットまでたどり着いたもののそのままガレージに入ることとなった。
rdfs:label
  • 2006年イギリスグランプリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • イギリス
  • シルバーストン・サーキット
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of