Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2006年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの11年目のシーズンである。この年より、ホンダエンジンのワンメイクとなり、エンジンでの優劣が無くなった。その分、ドライバーの実力がより問われるものともなった。また、拡大の一途をたどっていたレース数もこの年は3戦のオーバルコースがカレンダー落ちし、14戦でのシーズンとなった。エンジンがワンメイクとなったことでトップチームの実力が拮抗し、混戦のチャンピオンシップとなったが、チーム・ペンスキーに移籍後トヨタエンジンの劣勢状況からくすぶっていたサム・ホーニッシュJr.が前年チャンピオンでこの年チップ・ガナッシ・レーシングに移籍したダン・ウェルドン(同ポイントながら勝利数比較で上回る)やそのチームメイトスコット・ディクソン、自身のチームメイトエリオ・カストロネベスなどを振り切り、インディカー・シリーズ史上最多の3度目のチャンピオンを獲得した。またこの年は、マイケル・アンドレッティの息子、マリオ・アンドレッティの孫であるマルコ・アンドレッティが19歳でインディカー・シリーズにデビュー、インディ500ではレース最終盤でこの年インディ500にスポット復帰した父マイケルを抜きトップに立つと、最終周最終コーナーまでトップを守ったが、最後の直線でホーニッシュJr.に抜かれ、2位(父マイケルも3位)に終わり、「アンドレッティ家のインディ500の不運(マリオの1勝以外は一家の誰かがトップを快走した年もことごとく優勝を逃す)」はこの年も払拭はならなかった。しかし、マルコはこの屈辱をインフィニオンで当時の最年少優勝をあげることで晴らした。この年は開幕戦ホームステッド/マイアミで不幸な事故が起こった。この年レイホール・レターマン・レーシングに抜擢され初のフルシーズン参戦を果たすはずだったポール・ダナがフリー走行中にスピンを喫したエド・カーペンターを避けきれずクラッシュ、その衝撃によるダメージが大きく、結果事故死した。IRL3件目(レース期間中では2件目)の死亡事故となった。その他のトピックとしては、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングからこの年も松浦孝亮が参戦したが、最高位はホームステッド/マイアミでの前年と同じ6位にとどまったロジャー安川はこの年はもてぎにも参戦ができず、インディ500は何とか予選最終週にプラヤ・デル・レーシングのシートを獲得したが、インディカー・シリーズフル参戦経験のないチームでは完走が精一杯であったダニカ・パトリックはこの年はナッシュビル・ミルウォーキーでの4位が最高。パノスシャシーに足を引っ張られるレースもあり、翌年からアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍を果たすことになるこの年のワトキンス・グレンではインディカー・シリーズ初の雨中のレースとなった。またこのレースでのスコット・ディクソンの勝利が前年のシャシー規定の変更後劣勢となっていたパノスシャシーの現在のところ最後の優勝となっている(チャンプカーのシャシー・エンジンで行われた2008年ロングビーチを除く)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1760854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59150125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • インディカー・シリーズ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 2006 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2006年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの11年目のシーズンである。この年より、ホンダエンジンのワンメイクとなり、エンジンでの優劣が無くなった。その分、ドライバーの実力がより問われるものともなった。また、拡大の一途をたどっていたレース数もこの年は3戦のオーバルコースがカレンダー落ちし、14戦でのシーズンとなった。エンジンがワンメイクとなったことでトップチームの実力が拮抗し、混戦のチャンピオンシップとなったが、チーム・ペンスキーに移籍後トヨタエンジンの劣勢状況からくすぶっていたサム・ホーニッシュJr.が前年チャンピオンでこの年チップ・ガナッシ・レーシングに移籍したダン・ウェルドン(同ポイントながら勝利数比較で上回る)やそのチームメイトスコット・ディクソン、自身のチームメイトエリオ・カストロネベスなどを振り切り、インディカー・シリーズ史上最多の3度目のチャンピオンを獲得した。またこの年は、マイケル・アンドレッティの息子、マリオ・アンドレッティの孫であるマルコ・アンドレッティが19歳でインディカー・シリーズにデビュー、インディ500ではレース最終盤でこの年インディ500にスポット復帰した父マイケルを抜きトップに立つと、最終周最終コーナーまでトップを守ったが、最後の直線でホーニッシュJr.に抜かれ、2位(父マイケルも3位)に終わり、「アンドレッティ家のインディ500の不運(マリオの1勝以外は一家の誰かがトップを快走した年もことごとく優勝を逃す)」はこの年も払拭はならなかった。しかし、マルコはこの屈辱をインフィニオンで当時の最年少優勝をあげることで晴らした。この年は開幕戦ホームステッド/マイアミで不幸な事故が起こった。この年レイホール・レターマン・レーシングに抜擢され初のフルシーズン参戦を果たすはずだったポール・ダナがフリー走行中にスピンを喫したエド・カーペンターを避けきれずクラッシュ、その衝撃によるダメージが大きく、結果事故死した。IRL3件目(レース期間中では2件目)の死亡事故となった。その他のトピックとしては、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングからこの年も松浦孝亮が参戦したが、最高位はホームステッド/マイアミでの前年と同じ6位にとどまったロジャー安川はこの年はもてぎにも参戦ができず、インディ500は何とか予選最終週にプラヤ・デル・レーシングのシートを獲得したが、インディカー・シリーズフル参戦経験のないチームでは完走が精一杯であったダニカ・パトリックはこの年はナッシュビル・ミルウォーキーでの4位が最高。パノスシャシーに足を引っ張られるレースもあり、翌年からアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍を果たすことになるこの年のワトキンス・グレンではインディカー・シリーズ初の雨中のレースとなった。またこのレースでのスコット・ディクソンの勝利が前年のシャシー規定の変更後劣勢となっていたパノスシャシーの現在のところ最後の優勝となっている(チャンプカーのシャシー・エンジンで行われた2008年ロングビーチを除く)
rdfs:label
  • 2006年のインディカー・シリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of