この項では2005年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。 1999年から在籍していた秋葉忠宏が徳島に、深澤仁博がモントリオール・インパクトに、安英学が名古屋に、栗原圭介が神戸に、平間智和がFCホリコシに、オゼアスがブラジリエンセFCに、ホベルトがに移籍し、阿部敏之が退団、期限付き移籍加入していた松尾直人は移籍元に復帰した。 補強は、名古屋から海本慶治、海本幸治郎、岡山哲也、神戸から青野大介、山形から中村幸聖を完全移籍で、鹿島から大谷昌司、ADサンカエターノから元ブラジル代表アンデルソン・リマを期限付き移籍で獲得。また、諏訪雄大、藤井大輔、田中秀哉、吉澤正悟、河原和寿といった年代別日本代表を含む新卒選手も獲得した。 2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。

Property Value
dbo:abstract
  • この項では2005年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。 1999年から在籍していた秋葉忠宏が徳島に、深澤仁博がモントリオール・インパクトに、安英学が名古屋に、栗原圭介が神戸に、平間智和がFCホリコシに、オゼアスがブラジリエンセFCに、ホベルトがに移籍し、阿部敏之が退団、期限付き移籍加入していた松尾直人は移籍元に復帰した。 補強は、名古屋から海本慶治、海本幸治郎、岡山哲也、神戸から青野大介、山形から中村幸聖を完全移籍で、鹿島から大谷昌司、ADサンカエターノから元ブラジル代表アンデルソン・リマを期限付き移籍で獲得。また、諏訪雄大、藤井大輔、田中秀哉、吉澤正悟、河原和寿といった年代別日本代表を含む新卒選手も獲得した。 2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。 (ja)
  • この項では2005年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。 1999年から在籍していた秋葉忠宏が徳島に、深澤仁博がモントリオール・インパクトに、安英学が名古屋に、栗原圭介が神戸に、平間智和がFCホリコシに、オゼアスがブラジリエンセFCに、ホベルトがに移籍し、阿部敏之が退団、期限付き移籍加入していた松尾直人は移籍元に復帰した。 補強は、名古屋から海本慶治、海本幸治郎、岡山哲也、神戸から青野大介、山形から中村幸聖を完全移籍で、鹿島から大谷昌司、ADサンカエターノから元ブラジル代表アンデルソン・リマを期限付き移籍で獲得。また、諏訪雄大、藤井大輔、田中秀哉、吉澤正悟、河原和寿といった年代別日本代表を含む新卒選手も獲得した。 2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2715793 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13882 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80741205 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:aet
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:averageAttendance
  • 40114 (xsd:integer)
prop-ja:body
  • FFFFFF (ja)
  • FFFFFF (ja)
prop-ja:cup
prop-ja:cup1Result
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:cup2Result
  • グループリーグA 3位 (ja)
  • グループリーグA 3位 (ja)
prop-ja:date
  • --11-03
  • --12-10
prop-ja:league
prop-ja:leagueResult
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:leagueTopscorer
  • エジミウソン (ja)
  • エジミウソン (ja)
prop-ja:leftarm
  • FFFFFF (ja)
  • FFFFFF (ja)
prop-ja:m
  • 6 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • D (ja)
  • L (ja)
  • W (ja)
  • A (ja)
  • H (ja)
prop-ja:manager
  • 反町康治 (ja)
  • 反町康治 (ja)
prop-ja:nextseason
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:patternB
  • 18000.0
  • _ALBIREX_05a (ja)
prop-ja:patternLa
  • 18000.0
  • _ALBIREX_05a (ja)
prop-ja:patternRa
  • 18000.0
  • _ALBIREX_05a (ja)
prop-ja:patternSh
  • 18000.0
  • _ALBIREX_05a (ja)
prop-ja:patternSo
  • _bluetopline (ja)
  • _bluetopline (ja)
prop-ja:prevseason
  • 2004 (xsd:integer)
prop-ja:rightarm
  • FFFFFF (ja)
  • FFFFFF (ja)
prop-ja:round
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:score
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:season
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:shorts
  • FFFFFF (ja)
  • FFFFFF (ja)
prop-ja:socks
  • FFFFFF (ja)
  • FB6E02 (ja)
  • FFFFFF (ja)
  • FB6E02 (ja)
prop-ja:stadium
prop-ja:team
prop-ja:time
  • 780.0
prop-ja:u
  • --01-22
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • この項では2005年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。 1999年から在籍していた秋葉忠宏が徳島に、深澤仁博がモントリオール・インパクトに、安英学が名古屋に、栗原圭介が神戸に、平間智和がFCホリコシに、オゼアスがブラジリエンセFCに、ホベルトがに移籍し、阿部敏之が退団、期限付き移籍加入していた松尾直人は移籍元に復帰した。 補強は、名古屋から海本慶治、海本幸治郎、岡山哲也、神戸から青野大介、山形から中村幸聖を完全移籍で、鹿島から大谷昌司、ADサンカエターノから元ブラジル代表アンデルソン・リマを期限付き移籍で獲得。また、諏訪雄大、藤井大輔、田中秀哉、吉澤正悟、河原和寿といった年代別日本代表を含む新卒選手も獲得した。 2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。 (ja)
  • この項では2005年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。 1999年から在籍していた秋葉忠宏が徳島に、深澤仁博がモントリオール・インパクトに、安英学が名古屋に、栗原圭介が神戸に、平間智和がFCホリコシに、オゼアスがブラジリエンセFCに、ホベルトがに移籍し、阿部敏之が退団、期限付き移籍加入していた松尾直人は移籍元に復帰した。 補強は、名古屋から海本慶治、海本幸治郎、岡山哲也、神戸から青野大介、山形から中村幸聖を完全移籍で、鹿島から大谷昌司、ADサンカエターノから元ブラジル代表アンデルソン・リマを期限付き移籍で獲得。また、諏訪雄大、藤井大輔、田中秀哉、吉澤正悟、河原和寿といった年代別日本代表を含む新卒選手も獲得した。 2005シーズンはシーズンを通して守備が安定せず厳しい戦いが続いたが、ベテラン選手やシーズン途中に磐田から期限付き移籍で獲得したMF菊地直哉ら守備陣のふんばりとファビーニョ、エジミウソン、アンデルソン・リマのブラジル人トリオを軸にした攻撃陣の奮闘もありJ1残留を果たし、最終的には11勝9分14敗(勝点42)の12位でリーグ戦を終えた。シーズン終了後、5年間にわたり指揮を執った反町康治監督が勇退した。 (ja)
rdfs:label
  • 2005年のアルビレックス新潟 (ja)
  • 2005年のアルビレックス新潟 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of