Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2004年の読売ジャイアンツは、堀内恒夫監督の1年目のシーズンである。ダイエーから小久保、近鉄からローズを獲得し、重量打線を形成した巨人はシーズン序盤から本塁打を量産し、強力な得点力を発揮したが、投手陣が打ち込まれることが多く、4月を借金1の5位で終えた。5月に入るとチーム状態をやや建て直し、5月26日から8連勝して、首位に立つが、6月22日からの2位中日との3連戦において、3試合計29失点で3連敗を喫し、首位を奪われた。五輪期間中の8月は、各球団の主力選手が欠場することから、選手層の厚い巨人が有利であると予想されていたが、五輪期間中に勝ち越すことができず、6月に奪われた首位を奪還することなく、シーズンを3位で終えた。打線はプロ野球新記録となるシーズン259本塁打を放ったが、投手陣が崩壊し、チーム防御率がリーグ最下位であった。なお、この年の3月4日、終身名誉監督の長嶋茂雄が脳梗塞で倒れ、入院した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2948184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58549546 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • f60
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 0 (xsd:integer)
  • f60
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#f60;color:#000
prop-ja:list
  • 88 (xsd:integer)
  • *9 清水隆行 *20 ローズ *24 高橋由伸 *31 レイサム *37 斉藤宜之 *38 井出竜也 *44 堀田一郎 *48 矢野謙次 *51 中濱裕之 *58 山田真介 *61 山本光将 *68 鈴木尚広
  • *11 久保裕也 *15 河原純一 *17 高橋尚成 *18 桑田真澄 *19 上原浩治 *21 木佐貫洋 *22 サンタナ *23 西村健太朗 *25 三澤興一 *26 内海哲也 *27 河本育之(6月退団) *27 中村隼人(6月入団) *28 岡島秀樹 *29 前田幸長 *30 林昌範 *40 佐藤宏志 *41 木村龍治 *42 シコースキー *43 真田裕貴 *47 工藤公康 *49 柏田貴史 *54 酒井順也 *57 條辺剛 *60 平岡政樹 *64 鴨志田貴司 *65 山本賢寿 *66 南和彰 *67 上野裕平 *92 川本大輔 *93 ランデル *95 十川雄二 *97 コーリー(5月入団)
  • *00 後藤孝志 *0 川中基嗣 *2 元木大介 *5 清原和博 *6 小久保裕紀 *7 二岡智宏 *8 仁志敏久 *13 ペタジーニ *32 長田昌浩 *33 江藤智 *35 福井敬治 *36 岩舘学 *39 三浦貴 *45 黒田哲史 *50 吉川元浩 *52 十川孝富 *53 大須賀允
  • *10 阿部慎之助 *12 村田善則 *46 小田幸平 *56 加藤健 *59 入野久彦 *62 原俊介 *63 野村克則 *69 李景一 *91 横川雄介 *96 佐藤弘祐
  • *74 高橋一三(監督) *87 山本功児(ヘッド兼打撃) *89 香田勲男(投手) *84 関本四十四(投手) *79 福王昭仁(打撃) *80 河埜和正(内野守備走塁) *83 屋鋪要(外野守備走塁) *85 藤田浩雅(バッテリー) *71 宇都博之(トレーニング) *86 水沢薫(トレーニング)
  • *78 須藤豊(ヘッド) *75 阿波野秀幸(投手) *81 池谷公二郎(投手) *77 淡口憲治(打撃) *72 井上真二(打撃) *70 上田和明(内野守備走塁) *73 弘田澄男(外野守備走塁) *76 高田誠(バッテリー) *90 倉俣徹(トレーニング) *78 伊藤博(トレーニング)
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 読売ジャイアンツ 2004
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#000;color:#f60
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 読売ジャイアンツ
prop-ja:前年
  • 2003 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 2004 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 71 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ3位
prop-ja:次年
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
  • 読売新聞グループ本社
prop-ja:都市
  • 東京都文京区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2004年の読売ジャイアンツは、堀内恒夫監督の1年目のシーズンである。ダイエーから小久保、近鉄からローズを獲得し、重量打線を形成した巨人はシーズン序盤から本塁打を量産し、強力な得点力を発揮したが、投手陣が打ち込まれることが多く、4月を借金1の5位で終えた。5月に入るとチーム状態をやや建て直し、5月26日から8連勝して、首位に立つが、6月22日からの2位中日との3連戦において、3試合計29失点で3連敗を喫し、首位を奪われた。五輪期間中の8月は、各球団の主力選手が欠場することから、選手層の厚い巨人が有利であると予想されていたが、五輪期間中に勝ち越すことができず、6月に奪われた首位を奪還することなく、シーズンを3位で終えた。打線はプロ野球新記録となるシーズン259本塁打を放ったが、投手陣が崩壊し、チーム防御率がリーグ最下位であった。なお、この年の3月4日、終身名誉監督の長嶋茂雄が脳梗塞で倒れ、入院した。
rdfs:label
  • 2004年の読売ジャイアンツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of