Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第31回目となる2001年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、2001年8月1日から12月23日にかけて行われ、アトレチコ-PRが優勝した。得点王はヴァスコ・ダ・ガマのロマーリオ(21ゴール)だった。前回、2000年はブラジルサッカー連盟(CBF)との対立で、全国リーグはCBF主催を断念し、クラブ主導によるコパ・ジョアン・アヴェランジェを代替のリーグ戦として開催したが、その後の歩み寄りによって再びCBF主催となった。段階を追って、チーム数を減らすことで合意したものの、この年は暫定処置として平年のセリエ・B(2部) に相当するカテゴリーから、 パラナ・クルーベ、 ADサンカエターノ、ボタフォゴ・サンパウロ(本来は クルーベ・ド・レモが昇格となる予定だったが、レモと第4位のパイサンドゥSCが昇格を辞退したため繰上がり)の3チームを「昇格」させる形で、28チームで構成することになり、第1フェーズ(予選リーグ)の下位4チームを自動降格、更にセリエ・Bから2チームを昇格させる形で、次の2002年は26チームで開催する形にした。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2178788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58660980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第31回目となる2001年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、2001年8月1日から12月23日にかけて行われ、アトレチコ-PRが優勝した。得点王はヴァスコ・ダ・ガマのロマーリオ(21ゴール)だった。前回、2000年はブラジルサッカー連盟(CBF)との対立で、全国リーグはCBF主催を断念し、クラブ主導によるコパ・ジョアン・アヴェランジェを代替のリーグ戦として開催したが、その後の歩み寄りによって再びCBF主催となった。段階を追って、チーム数を減らすことで合意したものの、この年は暫定処置として平年のセリエ・B(2部) に相当するカテゴリーから、 パラナ・クルーベ、 ADサンカエターノ、ボタフォゴ・サンパウロ(本来は クルーベ・ド・レモが昇格となる予定だったが、レモと第4位のパイサンドゥSCが昇格を辞退したため繰上がり)の3チームを「昇格」させる形で、28チームで構成することになり、第1フェーズ(予選リーグ)の下位4チームを自動降格、更にセリエ・Bから2チームを昇格させる形で、次の2002年は26チームで開催する形にした。
rdfs:label
  • 2001 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of