Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2号族(Family 2)とはサラブレッドの血統、特にファミリーナンバーの概念においてバートン・バルブ・メア(Burton Barb Mare、1660年? - 1685年?)の牝系(母系)子孫の事をいう。ミトコンドリアDNAのハプロタイプは7号族,8号族,16号族,17号族と共にD3系統に属している。より大きく見れば3号族,6号族,14号族(いずれもD2),12号族(D1)と同様、サラブレッドの過半数を占めるD系統に含まれる。D系統はアラブなどの東方種には少なく、イギリス在来馬などのヨーロッパ馬に比較的多く見られるハプロタイプである。ファミリーナンバーの概念が提唱された19世紀末、いずれもイギリスのクラシック競走であるダービーステークス、オークス、セントレジャーステークスの勝ち馬頭数が2番目に多かったため2号族とされた。なお、当時のジェネラルスタッドブック(1901年発行の第19巻)に記載されている頭数自体は1号族よりも頭数が多く最多の牝系であった。現在は当時ほどの勢力は持っておらず、2006年までの上記3競走ののべ勝ち数も3号族に並ばれてしまっているが、代表馬としてクルシフィックス、ヴォルティジュール、カーバイン、ザテトラーク、ゲインズバラ、ファーラップ、ノーザンダンサー、シーバード、マイスワロー、セクレタリアト、アレッジド等がおり1号族と比較してかなり豪華な面々が揃っている。日本でもディープインパクトがこの牝系に属している。また、サラブレッドではないため2号族に分類されないが、史上最強のクォーターホースといわれるダッシュフォーキャッシュも同じ牝系の出身である。主要な牝系はアルトヴィスカー(Altoviscar、ハイクレア等含む)、アルマームード(Almahmoud)等。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 942762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54382925 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2号族(Family 2)とはサラブレッドの血統、特にファミリーナンバーの概念においてバートン・バルブ・メア(Burton Barb Mare、1660年? - 1685年?)の牝系(母系)子孫の事をいう。ミトコンドリアDNAのハプロタイプは7号族,8号族,16号族,17号族と共にD3系統に属している。より大きく見れば3号族,6号族,14号族(いずれもD2),12号族(D1)と同様、サラブレッドの過半数を占めるD系統に含まれる。D系統はアラブなどの東方種には少なく、イギリス在来馬などのヨーロッパ馬に比較的多く見られるハプロタイプである。ファミリーナンバーの概念が提唱された19世紀末、いずれもイギリスのクラシック競走であるダービーステークス、オークス、セントレジャーステークスの勝ち馬頭数が2番目に多かったため2号族とされた。なお、当時のジェネラルスタッドブック(1901年発行の第19巻)に記載されている頭数自体は1号族よりも頭数が多く最多の牝系であった。現在は当時ほどの勢力は持っておらず、2006年までの上記3競走ののべ勝ち数も3号族に並ばれてしまっているが、代表馬としてクルシフィックス、ヴォルティジュール、カーバイン、ザテトラーク、ゲインズバラ、ファーラップ、ノーザンダンサー、シーバード、マイスワロー、セクレタリアト、アレッジド等がおり1号族と比較してかなり豪華な面々が揃っている。日本でもディープインパクトがこの牝系に属している。また、サラブレッドではないため2号族に分類されないが、史上最強のクォーターホースといわれるダッシュフォーキャッシュも同じ牝系の出身である。主要な牝系はアルトヴィスカー(Altoviscar、ハイクレア等含む)、アルマームード(Almahmoud)等。
rdfs:label
  • 2号族
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fn of
is prop-ja:mmmm of
is foaf:primaryTopic of