Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 2つの演奏会用練習曲(ドイツ語:Zwei Konzertetüden , S.145/R.6)は、フランツ・リストによって作曲されたピアノ曲集である。リストがローマに移り住んだ翌年の1862年から1863年にかけて作曲。ジグムンド・レーベルトとルートヴィヒ・シュタルク(Ludwig Stark)の編纂した教本『理論的・実践的大ピアノ教程』に収められる形で1863年に出版された。リストの弟子、ディオニュス・プルックナー(Dionys Pruckner, 1834年-1890年)に献呈された。斬新な和声、洗練された技巧など、いずれも円熟期のリストの確かな自信が感じられる曲集であり、3つの演奏会用練習曲とともに演奏会等でも好んで演奏される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1382457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58942020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:id
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 2つの演奏会用練習曲(ドイツ語:Zwei Konzertetüden , S.145/R.6)は、フランツ・リストによって作曲されたピアノ曲集である。リストがローマに移り住んだ翌年の1862年から1863年にかけて作曲。ジグムンド・レーベルトとルートヴィヒ・シュタルク(Ludwig Stark)の編纂した教本『理論的・実践的大ピアノ教程』に収められる形で1863年に出版された。リストの弟子、ディオニュス・プルックナー(Dionys Pruckner, 1834年-1890年)に献呈された。斬新な和声、洗練された技巧など、いずれも円熟期のリストの確かな自信が感じられる曲集であり、3つの演奏会用練習曲とともに演奏会等でも好んで演奏される。
rdfs:label
  • 2つの演奏会用練習曲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of