Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1992年の阪神タイガース(1992ねんのはんしんタイガース)では、1992年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。1992年の阪神タイガースは、中村勝広監督の3年目のシーズンである。前年まで2年連続最下位、この年も最下位の呼び声が高い中、前年9月に5連続完投勝利を演じた投手陣は、本拠地阪神甲子園球場のラッキーゾーンが撤去された事も有利に働き、エースに成長した仲田幸司、防御率リーグ2位の中込伸、6月14日にノーヒットノーラン達成の湯舟敏郎ら先発陣と、ストッパーに起用された2年目の田村勤などの活躍で12球団ダントツのチーム防御率2.90を記録。一方攻撃陣は2年目のトーマス・オマリー、大洋を解雇されたジェームス・パチョレックを中心に亀山努・新庄剛志・久慈照嘉ら若手が台頭し、チームは首位戦線に躍り出た。8月の死のロードにも勝ち越すと、9月13日には9連敗中のヤクルトに代わり首位に立ったが、その後は若手が経験不足を露呈、田村が故障で戦線離脱したのも響き負けが込み、10月のヤクルトとの首位決戦に連敗して首位から陥落、10月10日の直接対決に敗れ力尽き、2ゲーム差の2位タイでシーズンを終えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3011666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57434650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • ccc
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 0 (xsd:integer)
  • ff0
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#ccc;color:#000
prop-ja:list
  • 71 (xsd:integer)
  • *13 葛西稔 *14 弓長起浩 *15 湯舟敏郎 *17 太田貴 *18 野田浩司 *19 中西清起 *20 渡辺伸彦 *25 猪俣隆 *26 藤本修二 *28 中田良弘 *34 仲田幸司 *36 田村勤 *41 西川佳明 *45 嶋田哲也 *47 嶋尾康史 *48 久保康生 *49 服部裕昭 *50 麦倉洋一 *51 高村洋介 *52 古里泰隆 *53 中川申也 *54 多岐篤司 *56 御子柴進 *57 工藤慎明 *65 山崎一玄 *67 中村公信 *69 伴義太郎 *99 中込伸
  • *0 中野佐資 *00 亀山努 *3 八木裕 *5 金森永時 *7 真弓明信 *33 金子誠一 *37 高井一 *40 パチョレック *43 宮内仁一 *55 立花義家 *58 右田雅彦 *60 嶋田章弘 *63 新庄剛志 *64 吉田浩
  • *80 河野旭輝(監督) *86 久保征弘(投手) *85 柏原純一(打撃) *75 岡義朗(内野守備走塁) *90 切通猛(外野守備走塁トレーニング) *74 辻恭彦(バッテリー) *84 加藤安雄(ブルペン) *79 続木敏之(トレーニング補佐) *78 梅本正之(育成) *81 上田次朗(育成)
  • *21 関川浩一 *22 木戸克彦 *27 嶋田宗彦 *29 吉田博之 *35 山田勝彦 *38 岩田徹 *39 吉田康夫
  • *72 石井晶(チーフ) *88 大石清(投手) *83 佐々木恭介(打撃) *76 榊原良行(内野守備走塁) *73 島野育夫(外野守備走塁) *77 有田修三(バッテリー) *89 渡辺長助(ブルペン) *82 山本晴三(トレーニング)
  • *1 オマリー *2 高橋慶彦 *4 山脇光治 *6 和田豊 *8 久慈照嘉 *9 岡本圭治 *12 古屋英夫 *16 岡田彰布 *24 桧山進次郎 *30 平田勝男 *31 萩原誠 *32 山口重幸 *46 横谷総一 *59 木立章成 *62 鮎川義文 *66 坂孝一 *68 星野修
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 阪神タイガース 1992
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#000;color:#ff0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 阪神タイガース
prop-ja:前年
  • 1991 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 67 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ2位
prop-ja:次年
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
  • 阪神電気鉄道
prop-ja:都市
  • 兵庫県西宮市
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1992年の阪神タイガース(1992ねんのはんしんタイガース)では、1992年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。1992年の阪神タイガースは、中村勝広監督の3年目のシーズンである。前年まで2年連続最下位、この年も最下位の呼び声が高い中、前年9月に5連続完投勝利を演じた投手陣は、本拠地阪神甲子園球場のラッキーゾーンが撤去された事も有利に働き、エースに成長した仲田幸司、防御率リーグ2位の中込伸、6月14日にノーヒットノーラン達成の湯舟敏郎ら先発陣と、ストッパーに起用された2年目の田村勤などの活躍で12球団ダントツのチーム防御率2.90を記録。一方攻撃陣は2年目のトーマス・オマリー、大洋を解雇されたジェームス・パチョレックを中心に亀山努・新庄剛志・久慈照嘉ら若手が台頭し、チームは首位戦線に躍り出た。8月の死のロードにも勝ち越すと、9月13日には9連敗中のヤクルトに代わり首位に立ったが、その後は若手が経験不足を露呈、田村が故障で戦線離脱したのも響き負けが込み、10月のヤクルトとの首位決戦に連敗して首位から陥落、10月10日の直接対決に敗れ力尽き、2ゲーム差の2位タイでシーズンを終えた。
rdfs:label
  • 1992年の阪神タイガース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of