Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1990 FIFAワールドカップ(英: 1990 FIFA World Cup)は、1990年6月8日から7月8日にかけてイタリアで開催された第14回目のFIFAワールドカップである。イタリアでの開催は1934年大会以来2回目であり、メキシコで開催された1986年大会に次いで2か国目の事例となった。1988年4月から始まった予選には116の国と地域の代表チームが参加し22チームが出場権を獲得した。これに予選を免除された開催国のイタリア代表と前回優勝のアルゼンチン代表を含めた24チームが参加した。大会の公式球はエトルスコ・ユニコ、公式マスコットはサッカーボールとイタリア国旗をあしらった「チャオ」。日本放送協会の協力によりイタリア放送協会を通じて世界各国に高精細度テレビジョン放送として配信された初の大会でもある。決勝戦は西ドイツ代表対アルゼンチン代表という2大会連続で同一カードとなったが、西ドイツ代表がアルゼンチン代表を1-0と下し3回目のワールドカップタイトルを獲得した。なお、西ドイツは1990年末に東ドイツとの再統一を控えており、西ドイツ代表としてはこれが最後の大会出場となった。チェコスロバキア代表、ユーゴスラビア代表、ソビエト連邦代表も東欧革命の影響により最後の大会出場となった。平均得点は2.21と最低記録を更新し、決勝戦における初の退場者を含め当時としては最多記録となる16枚のレッドカードが掲示されたことから、ワールドカップの歴史上において最も退屈な大会とも評されている。一方、開幕戦でカメルーン代表がアルゼンチン代表を下す番狂わせを演じ、アフリカ勢として初めて準々決勝進出を成し遂げるなど話題性には事欠くことはなかった。また、大会開催のためにトリノとバーリには新たにスタジアムが建設され、10のスタジアムが改築されるなど設備投資が行われた。この他、約266億9000万人の人々が視聴するなど、テレビ史上において最も注目されたスポーツイベントの一つでもあった。この大会の反省から国際サッカー連盟は1992年、守備側の選手の遅延行為を禁止するためのバックパス・ルールを導入、さらに1994 FIFAワールドカップからは攻撃的サッカーと勝利を追求するため、グループリーグにおいて新たな勝ち点制度を導入した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 76586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 67418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57589644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:aet
  • yes
prop-ja:penalties
  • ストイコビッチ
  • リネカー
  • オラルティコエチェア
  • オレアリー
  • カスカリーノ
  • サビチェビッチ
  • シーディ
  • セリスエラ
  • セレーナ
  • タウンゼント
  • ティモフテ
  • デソッティ
  • デ・アゴスティーニ
  • トログリオ
  • トーン
  • ドナドーニ
  • ハジ
  • ハジベギッチ
  • バッジョ
  • バレージ
  • ピアース
  • ブルチャガ
  • ブルノビッチ
  • ブレーメ
  • プラット
  • プロシネチキ
  • ベアズリー
  • ホートン
  • マテウス
  • マラドーナ
  • リードレ
  • ルプ
  • ルペスク
  • ロタリウ
  • ワドル
prop-ja:penaltyscore
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ゴール数
  • 115 (xsd:integer)
prop-ja:スコア
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:レポート
prop-ja:主審
  • ヘルムート・コール
  • アラン・スノディ
  • アレクセイ・スピーリン
  • アロン・シュミットフーバー
  • エドガルド・コデサル
  • エミリオ・ソリアーノ・アラドレン
  • エリアス・ハコメ
  • エリック・フレドリクソン
  • エルナン・シルバ
  • カルロス・シルヴァ・ヴァレンテ
  • カルロス・マシエル
  • クルト・レトリスベルガー
  • ジャマル・アル・シャリフ
  • ジョエル・キニウ
  • ジョゼ・ロベルト・ライト
  • ジョージ・コートニー
  • ジョージ・スミス
  • ジークフリート・キルシェン
  • ゾラン・ペトロヴィッチ
  • トゥリオ・ラネーゼ
  • ネジ・ジュイニ
  • フアン・カルロス・ロウスタウ
  • フアン・ダニエル・カルデリーニョ
  • ペーター・ミケルセン
  • ミシェル・ヴォートロ
  • ルイジ・アニョリン
  • ヴィンセント・モーロ
  • 高田静夫
  • マルセル・ファン・ランゲンホーフェ
prop-ja:優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:出場チーム数
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:前回大会
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:前回年度
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:大会名
  • 1990 (xsd:integer)
  • Campionato mondiale di calcio 1990
prop-ja:得点
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:得点王
  • サルヴァトーレ・スキラッチ
prop-ja:得点者
  • カレカ
  • ストイコビッチ
  • ライト
  • リネカー
  • クーマン
  • ミラ
  • アブデルガニ
  • イスマイル
  • エクストレーム
  • エケケ
  • オグリス
  • オマン=ビイク
  • カジャッソ
  • カニーヒア
  • カリギュウリ
  • キーフト
  • クイン
  • クビク
  • クライシュテルス
  • クリンスマン
  • クンデ
  • クーレマンス
  • ゴリス
  • ゴンザレス
  • サリナス
  • ザバロフ
  • シーディ
  • シーフォ
  • ジグマントビッチ
  • ジャンニーニ
  • ジョンストン
  • スキラッチ
  • スクラビー
  • スシッチ
  • ストレンベリ
  • セレーナ
  • ターニ
  • デグリース
  • デ・ウォルフ
  • トログリオ
  • ドブロヴォルスキー
  • ハシェック
  • バイン
  • バッジョ
  • バリント
  • バルデラマ
  • パンチェフ
  • ビレク
  • フェラー
  • フォンセカ
  • フリット
  • フローレス
  • ブルチャガ
  • ブレーメ
  • ブロリン
  • プラット
  • プロシネチキ
  • プロタソフ
  • ベンゴエチェア
  • マッコール
  • マテウス
  • マーレイ
  • ミチェル
  • ミューレル
  • メドフォード
  • モンソン
  • ヨジッチ
  • ラカトゥシュ
  • リトバルスキー
  • リンコン
  • ルホビー
  • レディン
  • ロダクス
  • ヴェルヴォールト
  • 皇甫官
prop-ja:日程
  • --06-08
prop-ja:時間
  • 1020.0
  • 1080.0
  • 1200.0
  • 1260.0
prop-ja:最優秀選手
  • サルヴァトーレ・スキラッチ
prop-ja:次回大会
  • 1994 (xsd:integer)
prop-ja:次回年度
  • 1994 (xsd:integer)
prop-ja:競技場
prop-ja:総入場者数
  • 2517348 (xsd:integer)
prop-ja:観客数
  • 27833 (xsd:integer)
  • 29039 (xsd:integer)
  • 30223 (xsd:integer)
  • 30791 (xsd:integer)
  • 30867 (xsd:integer)
  • 31818 (xsd:integer)
  • 31823 (xsd:integer)
  • 32257 (xsd:integer)
  • 32733 (xsd:integer)
  • 32790 (xsd:integer)
  • 33266 (xsd:integer)
  • 33288 (xsd:integer)
  • 33421 (xsd:integer)
  • 33759 (xsd:integer)
  • 34520 (xsd:integer)
  • 34857 (xsd:integer)
  • 34959 (xsd:integer)
  • 35238 (xsd:integer)
  • 35267 (xsd:integer)
  • 35500 (xsd:integer)
  • 35713 (xsd:integer)
  • 35950 (xsd:integer)
  • 37307 (xsd:integer)
  • 38687 (xsd:integer)
  • 38962 (xsd:integer)
  • 38971 (xsd:integer)
  • 42907 (xsd:integer)
  • 47673 (xsd:integer)
  • 50026 (xsd:integer)
  • 51426 (xsd:integer)
  • 52733 (xsd:integer)
  • 55205 (xsd:integer)
  • 55759 (xsd:integer)
  • 58007 (xsd:integer)
  • 59978 (xsd:integer)
  • 61381 (xsd:integer)
  • 62502 (xsd:integer)
  • 62628 (xsd:integer)
  • 71169 (xsd:integer)
  • 72510 (xsd:integer)
  • 73303 (xsd:integer)
  • 73347 (xsd:integer)
  • 73423 (xsd:integer)
  • 73603 (xsd:integer)
  • 73780 (xsd:integer)
  • 74559 (xsd:integer)
  • 74765 (xsd:integer)
prop-ja:試合数
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:連盟数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:都市数
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:開催地数
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:開催日
  • --06-08
  • --06-09
  • --06-10
  • --06-11
  • --06-12
  • --06-13
  • --06-14
  • --06-15
  • --06-16
  • --06-17
  • --06-18
  • --06-19
  • --06-20
  • --06-21
  • --06-23
  • --06-24
  • --06-25
  • --06-26
  • --06-30
  • --07-01
  • --07-03
  • --07-04
  • --07-07
  • --07-08
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1990 FIFAワールドカップ(英: 1990 FIFA World Cup)は、1990年6月8日から7月8日にかけてイタリアで開催された第14回目のFIFAワールドカップである。イタリアでの開催は1934年大会以来2回目であり、メキシコで開催された1986年大会に次いで2か国目の事例となった。1988年4月から始まった予選には116の国と地域の代表チームが参加し22チームが出場権を獲得した。これに予選を免除された開催国のイタリア代表と前回優勝のアルゼンチン代表を含めた24チームが参加した。大会の公式球はエトルスコ・ユニコ、公式マスコットはサッカーボールとイタリア国旗をあしらった「チャオ」。日本放送協会の協力によりイタリア放送協会を通じて世界各国に高精細度テレビジョン放送として配信された初の大会でもある。決勝戦は西ドイツ代表対アルゼンチン代表という2大会連続で同一カードとなったが、西ドイツ代表がアルゼンチン代表を1-0と下し3回目のワールドカップタイトルを獲得した。なお、西ドイツは1990年末に東ドイツとの再統一を控えており、西ドイツ代表としてはこれが最後の大会出場となった。チェコスロバキア代表、ユーゴスラビア代表、ソビエト連邦代表も東欧革命の影響により最後の大会出場となった。平均得点は2.21と最低記録を更新し、決勝戦における初の退場者を含め当時としては最多記録となる16枚のレッドカードが掲示されたことから、ワールドカップの歴史上において最も退屈な大会とも評されている。一方、開幕戦でカメルーン代表がアルゼンチン代表を下す番狂わせを演じ、アフリカ勢として初めて準々決勝進出を成し遂げるなど話題性には事欠くことはなかった。また、大会開催のためにトリノとバーリには新たにスタジアムが建設され、10のスタジアムが改築されるなど設備投資が行われた。この他、約266億9000万人の人々が視聴するなど、テレビ史上において最も注目されたスポーツイベントの一つでもあった。この大会の反省から国際サッカー連盟は1992年、守備側の選手の遅延行為を禁止するためのバックパス・ルールを導入、さらに1994 FIFAワールドカップからは攻撃的サッカーと勝利を追求するため、グループリーグにおいて新たな勝ち点制度を導入した。
rdfs:label
  • 1990 FIFAワールドカップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of