Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1989年の福岡ダイエーホークス(1988ねんのふくおかダイエーホークス)では、1989年の福岡ダイエーホークスにおける動向をまとめる。1989年の福岡ダイエーホークスは、南海での3年間を含めて、杉浦忠監督の4年目のシーズンである。前年打撃二冠の門田博光がオリックスに移籍し、主砲を欠いた状態で新天地でのスタートを切ったチームは、4月15日のホーム開幕戦こそ山内孝徳の力投で勝ったものの、山内孝はその後勝てなくなり、藤本修二を故障で欠いた投手陣が踏ん張れず6月に最下位に転落、そのまま前半戦を終える。後半に入ると、岸川勝也が当時の日本タイとなるシーズン3本のサヨナラ本塁打を記録するなど打線が粘り強さを発揮。10月5日には西武に3回まで8点をリードされながら9回に8点を奪い逆転勝ちするなど「閉店間際のダイエー野球」は優勝を争う上位3チームにとって脅威となった。最終的に順位を4位まで上げ、シーズン終了後杉浦監督は勇退した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3015304 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58803615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • e80
  • fd7
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 532 (xsd:integer)
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#fd7;color:#532
prop-ja:list
  • 81 (xsd:integer)
  • *2 香川伸行 *22 森浩之 *27 山中潔 *30 内田強 *35 吉田博之 *49 吉永幸一郎 *57 大塚義樹 *62 川越透 *65 松井隆昌
  • *0 佐々木誠 *5 山村善則 *15 畠山準 *23 高柳秀樹 *29 山本和範 *33 山口裕二 *38 右田雅彦 *44 岸川勝也 *47 広永益隆 *55 大道典良 *58 頓田国満 *99 後藤将和
  • *0 坂口千仙 *1 小川史 *4 森脇浩司 *6 湯上谷宏 *7 アップショー *8 河埜敬幸 *9 バナザード *14 若井基安 *37 御船英之 *39 藤本博史 *40 柳田聖人 *43 伊藤寿文 *51 永田利則 *53 安田秀之 *60 山之内健一
  • *10 中村弘道 *11 吉田豊彦 *12 井上祐二 *13 近田豊年 *16 篠田淳 *17 加藤伸一 *18 山内和宏 *19 山内孝徳 *20 藤本修二 *21 西川佳明 *24 矢野実 *25 間柴茂有 *26 田島俊雄 *28 原田賢治 *31 永射保 *32 松本卓也 *34 大塚賢一 *36 山川周一 *41 青井要 *45 中条善伸 *46 松崎秀昭 *48 橋本敬司 *50 村田勝喜 *52 大坪幸夫 *54 白井孝幸 *56 田口竜二 *59 西清孝 *61 村上誠一 *63 太田勝正 *64 小早川幸二
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 福岡ダイエーホークス 1989
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#e80;color:#532
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 福岡ダイエーホークス
prop-ja:前年
  • 1988 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 59 (xsd:integer)
  • パシフィック・リーグ4位
prop-ja:次年
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 福岡県福岡市中央区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1989年の福岡ダイエーホークス(1988ねんのふくおかダイエーホークス)では、1989年の福岡ダイエーホークスにおける動向をまとめる。1989年の福岡ダイエーホークスは、南海での3年間を含めて、杉浦忠監督の4年目のシーズンである。前年打撃二冠の門田博光がオリックスに移籍し、主砲を欠いた状態で新天地でのスタートを切ったチームは、4月15日のホーム開幕戦こそ山内孝徳の力投で勝ったものの、山内孝はその後勝てなくなり、藤本修二を故障で欠いた投手陣が踏ん張れず6月に最下位に転落、そのまま前半戦を終える。後半に入ると、岸川勝也が当時の日本タイとなるシーズン3本のサヨナラ本塁打を記録するなど打線が粘り強さを発揮。10月5日には西武に3回まで8点をリードされながら9回に8点を奪い逆転勝ちするなど「閉店間際のダイエー野球」は優勝を争う上位3チームにとって脅威となった。最終的に順位を4位まで上げ、シーズン終了後杉浦監督は勇退した。
rdfs:label
  • 1989年の福岡ダイエーホークス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of