Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1989年の世界スポーツプロトタイプカー選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の37年目のシーズン。1989年4月9日に日本の鈴鹿サーキットで開幕し、10月29日にメキシコのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで閉幕するまで、全8戦で争われた。この年よりF1同様に参加チーム/メーカーの全戦参加が義務付けられた。レース距離は480kmに統一され、ル・マン24時間レースはシリーズから外れた。F1と同一規定の3.5リットル自然吸気エンジン搭載のクラス「カテゴリー1」が新たに導入(従来のC1は「カテゴリー2」に)。また久々のGTマシンのクラス「GTC」も設置されたが、実際の参加は無かった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1140918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59042679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界スポーツプロトタイプカー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1989 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1989年の世界スポーツプロトタイプカー選手権は、FIAスポーツカー世界選手権の37年目のシーズン。1989年4月9日に日本の鈴鹿サーキットで開幕し、10月29日にメキシコのエルマノス・ロドリゲス・サーキットで閉幕するまで、全8戦で争われた。この年よりF1同様に参加チーム/メーカーの全戦参加が義務付けられた。レース距離は480kmに統一され、ル・マン24時間レースはシリーズから外れた。F1と同一規定の3.5リットル自然吸気エンジン搭載のクラス「カテゴリー1」が新たに導入(従来のC1は「カテゴリー2」に)。また久々のGTマシンのクラス「GTC」も設置されたが、実際の参加は無かった。
rdfs:label
  • 1989年の世界スポーツプロトタイプカー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of