Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1989年のオリックス・ブレーブス(1989ねんのオリックス・ブレーブス)では、1989年のオリックス・ブレーブスにおける動向をまとめる。この年のオリックス・ブレーブスは、阪急から引き続き監督を務めた上田利治監督体制の2回目、9年目(通算14年目)のシーズンである。前年本塁打と打点の二冠王に輝いた門田博光が南海から加入した打線はブルーサンダー打線と呼ばれ、ブーマー・ウェルズが開幕から5試合連続で本塁打を放つなど序盤から威力を発揮、チームは開幕8連勝とスタートダッシュに成功し6月終了時点で2位近鉄に8.5ゲーム差を付け独走状態。しかし7月に入ると、ベテラン中心の投手陣に疲れが見え始め徐々に失速、8月12日にはついに首位から陥落する。9月に持ち直し、10月5日には首位に返り咲くが、残りの試合で最下位ロッテ相手に3勝3敗と勝ち星を伸ばせず、最終的にわずか1厘差で優勝を逃した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3003678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57387405 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 6 (xsd:integer)
  • fc0
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 600 (xsd:integer)
  • fc0
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#fc0;color:#600
prop-ja:list
  • 30 (xsd:integer)
  • *25 藤田浩雅 *27 中嶋聡 *29 髙嶋徹 *37 渡辺伸治 *39 葉室太郎 *54 別府修作 *55 島袋修
  • *1 福良淳一 *2 山越吉洋 *5 弓岡敬二郎 *8 松永浩美 *23 小川博文 *40 福原峰夫 *43 古賀豪紀 *44 ブーマー *48 湧川勉 *50 戸羽隆 *58 山中賢次 *62 風岡尚幸
  • *0 野中崇博 *11 佐藤義則 *12 山沖之彦 *13 森厚三 *14 山内嘉弘 *15 関口朋幸 *16 伊藤敦規 *18 酒井勉 *19 高木晃次 *20 谷良治 *21 今井雄太郎 *22 小林敦美 *26 伊藤隆偉 *28 星野伸之 *33 中村佳広 *34 森浩二 *35 古溝克之 *38 ホフマン *45 山本和男 *46 山本誠 *51 八木政義 *53 山崎尚史 *56 二宮正己 *57 竹本修 *59 小浜裕一 *60 芦刈芳久 *61 清原雄一 *67 佐藤一
  • *3 石嶺和彦 *4 ブラウン *6 熊野輝光 *9 本西厚博 *10 藤井康雄 *24 飯塚富司 *31 柴原実 *32 南牟礼豊蔵 *36 山森眞幸 *41 東哲也 *47 村上信一 *49 吉田征人 *52 高橋智 *78 門田博光
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • オリックス・ブレーブス 1989
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#006;color:#fc0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • オリックス・ブレーブス
prop-ja:前年
  • 1988 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 72 (xsd:integer)
  • パシフィック・リーグ2位
prop-ja:次年
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 兵庫県西宮市
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1989年のオリックス・ブレーブス(1989ねんのオリックス・ブレーブス)では、1989年のオリックス・ブレーブスにおける動向をまとめる。この年のオリックス・ブレーブスは、阪急から引き続き監督を務めた上田利治監督体制の2回目、9年目(通算14年目)のシーズンである。前年本塁打と打点の二冠王に輝いた門田博光が南海から加入した打線はブルーサンダー打線と呼ばれ、ブーマー・ウェルズが開幕から5試合連続で本塁打を放つなど序盤から威力を発揮、チームは開幕8連勝とスタートダッシュに成功し6月終了時点で2位近鉄に8.5ゲーム差を付け独走状態。しかし7月に入ると、ベテラン中心の投手陣に疲れが見え始め徐々に失速、8月12日にはついに首位から陥落する。9月に持ち直し、10月5日には首位に返り咲くが、残りの試合で最下位ロッテ相手に3勝3敗と勝ち星を伸ばせず、最終的にわずか1厘差で優勝を逃した。
rdfs:label
  • 1989年のオリックス・ブレーブス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of