Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第18回目となる1988年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、IIコパ・ウニオン(II Copa União)の大会名で1988年9月2日から1989年2月19日にかけて行われ、バイーアが優勝した。得点王はインテルナシオナルのニウソン(15ゴール)だった。前年の1987年度は、1部リーグの参加チーム拡大路線を推し進めるブラジルサッカー連盟(CBF)に、主力13クラブが反対したため、1部リーグが主力13クラブを中心とした16チームによる「コパ・ウニオン」と、CBF主催の16チームによる「カンピオナート・ブラジレイロ・イエローモジュール」に分かれる異常事態(双方の優勝チームによる統一王座決定戦もなかった)となったが、その後双方が歩み寄り、この年からチーム数を段階的に制限・削減する形で、1部が一つのリーグに再統一された。その最初のシーズンである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2166232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58765448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第18回目となる1988年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、IIコパ・ウニオン(II Copa União)の大会名で1988年9月2日から1989年2月19日にかけて行われ、バイーアが優勝した。得点王はインテルナシオナルのニウソン(15ゴール)だった。前年の1987年度は、1部リーグの参加チーム拡大路線を推し進めるブラジルサッカー連盟(CBF)に、主力13クラブが反対したため、1部リーグが主力13クラブを中心とした16チームによる「コパ・ウニオン」と、CBF主催の16チームによる「カンピオナート・ブラジレイロ・イエローモジュール」に分かれる異常事態(双方の優勝チームによる統一王座決定戦もなかった)となったが、その後双方が歩み寄り、この年からチーム数を段階的に制限・削減する形で、1部が一つのリーグに再統一された。その最初のシーズンである。
rdfs:label
  • 1988 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of