Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1987年の世界ラリー選手権(1987 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第15回大会となる。前年同様全13戦でタイトルが争われた。スケジュールの唯一の変更はオリンパス・ラリーが12月から6月に移動した点であった。1987年はWRCにとって新しい時代の始まりであった。強力で人気があったグループB車両が排除され、グループA車両による初のシーズンとなった。グループA規定は10年間続けられたが、参戦メーカーの減少に伴って1997年に新規定に移行することとなる。FIAはまた、シリーズ中2戦はドライバーズタイトルのみという規定を維持した。1987年はニュージーランドとコートジボワールが選択された。マルティーニ・ランチアはユハ・カンクネン、マルク・アレン、ミキ・ビアシオンの手によるランチア・デルタの活躍で、パワーの低下した車両規定に最も適応した事を証明した。ランチアは13戦中9戦で勝利し、シーズンを支配した。一方、3名は成功を分け合い、タイトル争いは終盤まで僅差でもつれた。アウディ・スポーツは前年に続いてハンヌ・ミッコラとヴァルター・ロールを起用した。彼らはグループBでの成功を再現することはできず、ランキングも低下した。しかしながらアウディは他のクワトロ使用チームからポイントを得、マニファクチャラーズ・ランキング2位となった。クラリオン・チームヨーロッパのパー・エクルンドは26ポイントを貢献し、ミグ・リンツのゲオルグ・フィッシャーは8ポイントを貢献した。フィリップス・ルノー・エルフはグループAカー、ルノー・11 ターボと共に苦戦した。ジャン・ラニョッティとフランソワ・シャトリオは成功できなかったが、ポルトガルではラニョッテイが2位に入ることができた。フォルクスワーゲン・モータースポーツは前年のグループAカーでのチャンピオンであったケネス・エリクソンを擁し、前年の成功に続いた。エリクソンはランキング4位 - ランチアドライバーに唯一打ち勝ち - となった。フォルクスワーゲンは有力なセカンドドライバーを欠きながらも、アウディ、ルノーに次いでマニファクチャラーズ・ランキング4位となった。フォード・モーターはアリ・バタネンとスティグ・ブロンクビストを擁し、本格的な復帰を果たしたが、シーズン序盤を苦戦した。シエラ XR 4x4はシーズン終盤にコスワースが再設計したシエラ RS コスワースと換えられた。終盤3戦では上位入賞を果たし、コスワースは素晴らしい成功を得ることができた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2667803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 358 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47064459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界ラリー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1987 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1987年の世界ラリー選手権(1987 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第15回大会となる。前年同様全13戦でタイトルが争われた。スケジュールの唯一の変更はオリンパス・ラリーが12月から6月に移動した点であった。1987年はWRCにとって新しい時代の始まりであった。強力で人気があったグループB車両が排除され、グループA車両による初のシーズンとなった。グループA規定は10年間続けられたが、参戦メーカーの減少に伴って1997年に新規定に移行することとなる。FIAはまた、シリーズ中2戦はドライバーズタイトルのみという規定を維持した。1987年はニュージーランドとコートジボワールが選択された。マルティーニ・ランチアはユハ・カンクネン、マルク・アレン、ミキ・ビアシオンの手によるランチア・デルタの活躍で、パワーの低下した車両規定に最も適応した事を証明した。ランチアは13戦中9戦で勝利し、シーズンを支配した。一方、3名は成功を分け合い、タイトル争いは終盤まで僅差でもつれた。アウディ・スポーツは前年に続いてハンヌ・ミッコラとヴァルター・ロールを起用した。彼らはグループBでの成功を再現することはできず、ランキングも低下した。しかしながらアウディは他のクワトロ使用チームからポイントを得、マニファクチャラーズ・ランキング2位となった。クラリオン・チームヨーロッパのパー・エクルンドは26ポイントを貢献し、ミグ・リンツのゲオルグ・フィッシャーは8ポイントを貢献した。フィリップス・ルノー・エルフはグループAカー、ルノー・11 ターボと共に苦戦した。ジャン・ラニョッティとフランソワ・シャトリオは成功できなかったが、ポルトガルではラニョッテイが2位に入ることができた。フォルクスワーゲン・モータースポーツは前年のグループAカーでのチャンピオンであったケネス・エリクソンを擁し、前年の成功に続いた。エリクソンはランキング4位 - ランチアドライバーに唯一打ち勝ち - となった。フォルクスワーゲンは有力なセカンドドライバーを欠きながらも、アウディ、ルノーに次いでマニファクチャラーズ・ランキング4位となった。フォード・モーターはアリ・バタネンとスティグ・ブロンクビストを擁し、本格的な復帰を果たしたが、シーズン序盤を苦戦した。シエラ XR 4x4はシーズン終盤にコスワースが再設計したシエラ RS コスワースと換えられた。終盤3戦では上位入賞を果たし、コスワースは素晴らしい成功を得ることができた。
rdfs:label
  • 1987年の世界ラリー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of