Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第16回目となる1986年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、コパ・ブラジル(Copa Brasil)の大会名で1986年8月30日から1987年2月25日にかけて行われ、サンパウロが優勝した。得点王はサンパウロのカレカ(25ゴール)だった。この年は1部と2部を事実上統合して80チーム(事実上の1部が44チーム、2部に相当する「パラレルトーナメント」に36チーム)が参加する異例の事態となった。これはリーグ主催者のブラジルサッカー連盟(CBF)が1部リーグの参加チーム数拡大路線を推進したためであるが、これに主力13クラブが反発。次の1987年の大会は主力13クラブ主導の「コパ・ウニオン」と、CBF主催の「ブラジレイロ」2つの1部リーグが混在するという事態にまで発展することになる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2176239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58848180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第16回目となる1986年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAは、コパ・ブラジル(Copa Brasil)の大会名で1986年8月30日から1987年2月25日にかけて行われ、サンパウロが優勝した。得点王はサンパウロのカレカ(25ゴール)だった。この年は1部と2部を事実上統合して80チーム(事実上の1部が44チーム、2部に相当する「パラレルトーナメント」に36チーム)が参加する異例の事態となった。これはリーグ主催者のブラジルサッカー連盟(CBF)が1部リーグの参加チーム数拡大路線を推進したためであるが、これに主力13クラブが反発。次の1987年の大会は主力13クラブ主導の「コパ・ウニオン」と、CBF主催の「ブラジレイロ」2つの1部リーグが混在するという事態にまで発展することになる。
rdfs:label
  • 1986 カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of