Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1985年の阪神タイガースでは、1985年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。1985年の阪神タイガースは、2回目の吉田義男監督体制の1年目(通算4年目)のシーズンである。4月17日のバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発に象徴されるように、ニューダイナマイト打線と呼ばれる強力打線が活躍し、チーム本塁打セ・リーグ記録を更新する219本塁打を記録した。投手陣も中西、福間らリリーフ陣が活躍し、21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一を達成した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2932793 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58929664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • ccc
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 0 (xsd:integer)
  • ff0
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#ccc;color:#000
prop-ja:list
  • 81 (xsd:integer)
  • *82 土井淳(ヘッド) *83 米田哲也(投手) *85 高橋重行(投手) *86 並木輝男(打撃) *87 竹之内雅史(打撃) *88 一枝修平(守備走塁) *59 加納茂徳(ブルペン) *89 山本晴三(トレーニング) *90 中山悌一(総合トレーニング)
  • *6 和田豊 *16 岡田彰布 *30 平田勝男 *31 掛布雅之 *32 引間克幸 *35 服部浩一 *37 永尾泰憲 *44 バース *61 横谷総一 *62 渡真利克則 *64 山脇光治 *66 東利夫
  • *1 弘田澄男 *2 岡義明 *3 長崎啓二 *4 川藤幸三 *5 北村照文 *7 真弓明信 *8 吉竹春樹 *9 佐野仙好 *33 大野久 *34 田中昌宏 *58 吉川弘幸 *60 山口重幸 *63 石橋功行 *65 中谷忠己 *67 丸山武彦 *68 森忠仁
  • *22 木戸克彦 *27 嶋田宗彦 *36 渡辺長助 *38 山川猛 *40 岩切英司 *41 月山栄珠
  • *12 福間納 *14 野村収 *15 嶋田章弘 *17 源五郎丸洋 *18 池田親興 *19 中西清起 *20 伊藤宏光 *21 山内新一 *24 佐藤秀明 *25 山本和行 *26 工藤一彦 *28 中田良弘 *29 福家雅明 *45 ゲイル *46 川原新治 *47 藤原仁 *48 仲田幸司 *50 浜田知明 *51 浜岡浩幸 *53 斉藤直哉 *54 前田耕司 *55 田村浩一 *56 御子柴進 *57 井沢武則
  • *70 中村勝広(監督) *71 若生智男(投手) *73 上田次朗(投手) *72 石井晶(打撃) *76 桑野議(打撃) *77 河野旭輝(守備走塁) *78 笠間雄二(バッテリー) *79 切通猛(トレーニング)
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 阪神タイガース 1985
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#000;color:#ff0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 阪神タイガース
prop-ja:前年
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 74 (xsd:integer)
  • 日本一
  • セントラル・リーグ優勝
  • 対西武 4勝2敗
prop-ja:次年
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
  • 阪神電気鉄道
prop-ja:都市
  • 兵庫県西宮市
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1985年の阪神タイガースでは、1985年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。1985年の阪神タイガースは、2回目の吉田義男監督体制の1年目(通算4年目)のシーズンである。4月17日のバース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発に象徴されるように、ニューダイナマイト打線と呼ばれる強力打線が活躍し、チーム本塁打セ・リーグ記録を更新する219本塁打を記録した。投手陣も中西、福間らリリーフ陣が活躍し、21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一を達成した。
rdfs:label
  • 1985年の阪神タイガース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of