Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1985年の読売ジャイアンツ(1985ねんのよみうりジャイアンツ)では、1985年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。この年の読売ジャイアンツは、王貞治監督の2年目のシーズンである。この年の巨人は開幕4戦目の対阪神2回戦(甲子園)で槙原寛己がバックスクリーン3連発を喫し、勢いのついた阪神にスタートダッシュを許したが、5月に貯金10を重ねて阪神に追いつき、シーズン中盤まで阪神・広島と首位争いを繰り広げた。8月後半には一時首位に立ったが、9月に入ると江川卓・西本聖の先発の両柱が打ち込まれる日が多くなり急失速、9月8日には前年に放出した平田薫に満塁本塁打を打たれ自力優勝が消滅。9月以降も好成績を残した阪神に21年ぶりのリーグ優勝を許し、シーズンを3位で終えた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2969412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57369820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • 0 (xsd:integer)
  • f60
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#8cf;color:#000
prop-ja:list
  • 1 (xsd:integer)
  • *10 三宅宗源 *11 角三男 *12 岡本光 *13 宮本和知 *17 カムストック *19 金城基泰 *20 定岡正二 *21 加藤初 *26 西本聖 *29 鹿取義隆 *30 江川卓 *31 水野雄仁 *32 橋本敬司 *33 中島浩人 *39 山崎章弘 *41 斎藤雅樹 *47 鈴木弘規 *48 香田勲男 *54 槙原寛己 *57 加茂川重治 *67 西尾亨 *68 松尾英治 *69 山岡勝 *88 原田明広 *91 山口富夫 *92 杉田久雄 *93 柚木秀夫 *97 平田英之
  • *15 山倉和博 *22 笹本信二 *37 佐野元国 *40 佐藤洋 *43 山本幸二 *56 村田真一 *63 森田実 *65 小幡晴彦 *98 中村昭
  • *5 河埜和正 *6 篠塚利夫 *8 原辰徳 *23 上田和明 *24 中畑清 *25 鴻野淳基 *27 石渡茂 *36 藤岡寛生 *45 岡崎郁 *46 小原正行 *53 林哲雄 *58 福島敬光 *59 西本和美 *60 川相昌弘 *61 藤本茂喜 *62 上福元勤 *99 稲垣秀次
  • *2 松本匡史 *35 淡口憲治 *38 仁村薫 *44 山本雅夫 *49 クロマティ *50 駒田徳広 *51 石井雅博 *52 井上真二 *55 吉村禎章 *59 山本勝哉 *64 藤本健治 *66 栄村忠広
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 読売ジャイアンツ 1985
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#000;color:#f60
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 読売ジャイアンツ
prop-ja:前年
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 61 (xsd:integer)
  • セントラル・リーグ3位
prop-ja:次年
  • 1986 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
  • 読売新聞社
prop-ja:都市
  • 東京都文京区
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1985年の読売ジャイアンツ(1985ねんのよみうりジャイアンツ)では、1985年における読売ジャイアンツの動向をまとめる。この年の読売ジャイアンツは、王貞治監督の2年目のシーズンである。この年の巨人は開幕4戦目の対阪神2回戦(甲子園)で槙原寛己がバックスクリーン3連発を喫し、勢いのついた阪神にスタートダッシュを許したが、5月に貯金10を重ねて阪神に追いつき、シーズン中盤まで阪神・広島と首位争いを繰り広げた。8月後半には一時首位に立ったが、9月に入ると江川卓・西本聖の先発の両柱が打ち込まれる日が多くなり急失速、9月8日には前年に放出した平田薫に満塁本塁打を打たれ自力優勝が消滅。9月以降も好成績を残した阪神に21年ぶりのリーグ優勝を許し、シーズンを3位で終えた。
rdfs:label
  • 1985年の読売ジャイアンツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of