Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1982年の世界ラリー選手権(1982 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第10回大会となる。全12戦でタイトルが争われた。今回までにスケジュールはより安定化し、年に1、2カ所のみの変更となった。1982年はアルゼンチンに代わってニュージーランドが復帰することとなった。1982年はドイツによる支配のシーズンとなった。ドイツの二つのメーカー、アウディとオペルがマニファクチャラーズ・タイトルの1、2位を占めた。ドライバーズ・タイトルはオペルのドイツ人ドライバ-、ヴァルター・ロールが獲得した。アウディの2名、ミシェル・ムートンとハンヌ・ミッコラが2、3位に入ったが、両者の奮戦によってマニファクチャラーズ・タイトルはアウディの物となった。ムートンのランキング2位は現在まで女性ドライバーの最高位の記録である。前年同様ドライバーズ・ランキングは全戦の結果が有効であったが、マニファクチャラーズ・ランキングは10戦のみが有効となった。ドライバーズ・タイトルのみのイベントはスウェーディッシュ・ラリーとラリー・コートジボワールであった。全戦がマニファクチャラーズ・タイトルに計算されたとしたら、ロールの今シーズンの強さはより一層強調されたであろう。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2673216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47066070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界ラリー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1982 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1982年の世界ラリー選手権(1982 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第10回大会となる。全12戦でタイトルが争われた。今回までにスケジュールはより安定化し、年に1、2カ所のみの変更となった。1982年はアルゼンチンに代わってニュージーランドが復帰することとなった。1982年はドイツによる支配のシーズンとなった。ドイツの二つのメーカー、アウディとオペルがマニファクチャラーズ・タイトルの1、2位を占めた。ドライバーズ・タイトルはオペルのドイツ人ドライバ-、ヴァルター・ロールが獲得した。アウディの2名、ミシェル・ムートンとハンヌ・ミッコラが2、3位に入ったが、両者の奮戦によってマニファクチャラーズ・タイトルはアウディの物となった。ムートンのランキング2位は現在まで女性ドライバーの最高位の記録である。前年同様ドライバーズ・ランキングは全戦の結果が有効であったが、マニファクチャラーズ・ランキングは10戦のみが有効となった。ドライバーズ・タイトルのみのイベントはスウェーディッシュ・ラリーとラリー・コートジボワールであった。全戦がマニファクチャラーズ・タイトルに計算されたとしたら、ロールの今シーズンの強さはより一層強調されたであろう。
rdfs:label
  • 1982年の世界ラリー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of