Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1981年のパシフィック・リーグプレーオフは、前期優勝の山内一弘監督率いるロッテオリオンズと後期優勝の大沢啓二監督率いる日本ハムファイターズとの対決となった。シーズン中の対戦においてはロッテが16勝7敗3分と圧倒していたが、日本ハムが3勝1敗1分で前身の東映フライヤーズ以来19年ぶりの優勝を果たした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1392342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58772122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1981年のパシフィック・リーグプレーオフは、前期優勝の山内一弘監督率いるロッテオリオンズと後期優勝の大沢啓二監督率いる日本ハムファイターズとの対決となった。シーズン中の対戦においてはロッテが16勝7敗3分と圧倒していたが、日本ハムが3勝1敗1分で前身の東映フライヤーズ以来19年ぶりの優勝を果たした。
rdfs:label
  • 1981年のパシフィック・リーグプレーオフ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of