Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1979年の西武ライオンズでは、1979年の西武ライオンズにおける動向をまとめる。1979年の西武ライオンズは、ライオンズがクラウンライターから西武鉄道に身売りされ、所沢に移転した1年目のシーズンであり、根本陸夫監督の2年目のシーズンである。クラウンライターは1977年のドラフト会議で、江川卓の指名権を獲得しており、球団買収時点で独占交渉期限が残っていたことから、西武は買収直後から江川獲得に攻勢をかけた。しかし、最終的にはいわゆる空白の一日により、江川は巨人に入団した。その後も、西武は積極的なチーム改編を進め、阪神から田淵幸一・古沢憲司(真弓・若菜・竹之内とトレード)、ロッテから野村克也(自由契約)・山崎裕之(倉持・古賀とトレード)を獲得した。さらに、ドラフト会議で4球団指名の森繁和の獲得に成功、江川事件によりドラフトに参加しなかった巨人がドラフト外での獲得を狙った松沼兄弟(博久・雅之)の獲得にも成功し、チーム編成を一新した。しかし、チームは開幕から引き分けを挟んだ12連敗を喫し、前期を6位、後期を5位と低迷した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3257504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57753038 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • 0 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:bodyclass
  • hlist hlist-pipe
prop-ja:color
  • fff
prop-ja:group
  • 監督
  • 内野手
  • 外野手
  • 投手
  • 捕手
  • 練習生
  • 一軍コーチ
  • 二軍監督・コーチ
prop-ja:groupstyle
  • background-color:#0a0;color:#fff
prop-ja:list
  • 81 (xsd:integer)
  • --05-14
  • *2 山崎裕之 *1→24 小川史 *5 山村善則 *6 鈴木葉留彦 *7 広瀬宰 *8 吉岡悟(途中退団) *8 行沢久隆(途中入団) *9 長谷川一夫 *22 田淵幸一 *27 大原徹也 *30 伊原春樹 *38 金城致勲 *42 西田隆広 *46 益川満育 *54 山本隆造
  • *82 吉田大介(投手) *83 太田浩喜(外野手)
  • *10 西沢正次 *12 奥宮種男 *19 野村克也 *37 山川猛 *49 吉本博 *57 浜本龍治 *58 山中重信 *59 大慈弥功
  • *47 和田博実(作戦) *68 藤井栄治(打撃) *65 城戸則文(守備走塁) *32 ロー(バッテリー) *75 浦田直治(バッテリー)
  • *1 タイロン(途中入団) *3 土井正博 *4 マルーフ *24 ミューサー(途中退団) *25 大田卓司 *28 徳山文宗 *29 楠城徹 *34 立花義家 *39 慶元秀章 *40 春日昭之介 *51 山村勝彦 *56 加倉克馬
  • *63 岡田悦哉(二軍監督) *78 西三雄(投手) *72 滝内弥瑞生(守備走塁)
prop-ja:navbar
  • plain
prop-ja:state
  • off
prop-ja:title
  • 西武ライオンズ 1979
prop-ja:titlestyle
  • background-color:#06c;color:#fff
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:オーナー
prop-ja:スタジアム
prop-ja:チーム
  • 西武ライオンズ
prop-ja:前年
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:年度
  • 1979 (xsd:integer)
prop-ja:成績
  • 45 (xsd:integer)
  • パシフィック・リーグ6位
prop-ja:次年
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:監督
prop-ja:経営母体
prop-ja:都市
  • 埼玉県所沢市
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1979年の西武ライオンズでは、1979年の西武ライオンズにおける動向をまとめる。1979年の西武ライオンズは、ライオンズがクラウンライターから西武鉄道に身売りされ、所沢に移転した1年目のシーズンであり、根本陸夫監督の2年目のシーズンである。クラウンライターは1977年のドラフト会議で、江川卓の指名権を獲得しており、球団買収時点で独占交渉期限が残っていたことから、西武は買収直後から江川獲得に攻勢をかけた。しかし、最終的にはいわゆる空白の一日により、江川は巨人に入団した。その後も、西武は積極的なチーム改編を進め、阪神から田淵幸一・古沢憲司(真弓・若菜・竹之内とトレード)、ロッテから野村克也(自由契約)・山崎裕之(倉持・古賀とトレード)を獲得した。さらに、ドラフト会議で4球団指名の森繁和の獲得に成功、江川事件によりドラフトに参加しなかった巨人がドラフト外での獲得を狙った松沼兄弟(博久・雅之)の獲得にも成功し、チーム編成を一新した。しかし、チームは開幕から引き分けを挟んだ12連敗を喫し、前期を6位、後期を5位と低迷した。
rdfs:label
  • 1979年の西武ライオンズ
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of