Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1975年の世界ラリー選手権(1975 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第3回大会となる。全10戦でタイトルが争われた。この中にはモンテカルロとスウェーデンが1年ぶりに復帰したが、一方で北米大陸のイベントが取り外された。その他にアクロポリスとラリー・デュ・マロックも復帰した。ランチアは強力なストラトス・HFでシーズンの支配を続けたが、その敵は信頼性であった。ライバルのフィアットとアルピーヌ・ルノーに対し、ランチアは4勝を挙げてタイトルを獲得した。2位争いは結局1ポイント差で決定、フィアットが61ポイントで2位となり、アルピーヌ・ルノーは3位となった。オペルのアスコナは競争力を発揮し、58ポイントを得た。1973年から1978年までWRCはマニファクチャラーズ・タイトルしか争われなかった。ポイントは各マニファクチャラー最上位の車両にしか与えられなかった。したがって、特定のメーカーが2位、4位、10位に入賞した場合、2位の車両だけにポイントが与えられた。しかしながら、4位と10位のポイントは無効となるため、他のメーカーに対して優位を持つこととなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2666751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58614800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:series
  • 世界ラリー選手権
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1975 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1975年の世界ラリー選手権(1975 World Rally Championship season)は、FIA世界ラリー選手権の第3回大会となる。全10戦でタイトルが争われた。この中にはモンテカルロとスウェーデンが1年ぶりに復帰したが、一方で北米大陸のイベントが取り外された。その他にアクロポリスとラリー・デュ・マロックも復帰した。ランチアは強力なストラトス・HFでシーズンの支配を続けたが、その敵は信頼性であった。ライバルのフィアットとアルピーヌ・ルノーに対し、ランチアは4勝を挙げてタイトルを獲得した。2位争いは結局1ポイント差で決定、フィアットが61ポイントで2位となり、アルピーヌ・ルノーは3位となった。オペルのアスコナは競争力を発揮し、58ポイントを得た。1973年から1978年までWRCはマニファクチャラーズ・タイトルしか争われなかった。ポイントは各マニファクチャラー最上位の車両にしか与えられなかった。したがって、特定のメーカーが2位、4位、10位に入賞した場合、2位の車両だけにポイントが与えられた。しかしながら、4位と10位のポイントは無効となるため、他のメーカーに対して優位を持つこととなった。
rdfs:label
  • 1975年の世界ラリー選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of