Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1961年の西ドイツ空軍F-84機による領空侵犯事件は、冷戦の最中の1961年9月14日、西ドイツ空軍の第32戦闘爆撃航空団(JaBoG 32)に所属する2機のリパブリック F-84F サンダーストリーク戦闘爆撃機が、航法上の誤りにより東ドイツの領空を侵犯した後、ベルリン・テーゲル空港に着陸した事件である。当該の2機は厚い雲層に身を隠しながら多数のソ連空軍の戦闘機から逃れることに成功し、ベルリン・テンペルホーフ空港に居たアメリカ空軍の航空管制担当の伍長はこの2機を引き返させて追撃してくる戦闘機に立ち向かわせることになるよりも、ベルリンに着陸するように指示を出した。この事件は歴史的に東西ドイツの関係が困難な時期に発生した。ほんの1か月前には周囲を囲む東ドイツ領や東ベルリンから西ベルリンを隔離するベルリンの壁が建設され、3日後の9月17日には1961年ドイツ連邦議会選挙が行われることになっていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2755423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9161 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56908633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 西ドイツ空軍のF-84F サンダーストリーク
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • 西ドイツ空軍F-84機による領空侵犯事件
prop-ja:date
  • --09-14
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 西ドイツ軍機は無傷で着陸
prop-ja:units
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1961年の西ドイツ空軍F-84機による領空侵犯事件は、冷戦の最中の1961年9月14日、西ドイツ空軍の第32戦闘爆撃航空団(JaBoG 32)に所属する2機のリパブリック F-84F サンダーストリーク戦闘爆撃機が、航法上の誤りにより東ドイツの領空を侵犯した後、ベルリン・テーゲル空港に着陸した事件である。当該の2機は厚い雲層に身を隠しながら多数のソ連空軍の戦闘機から逃れることに成功し、ベルリン・テンペルホーフ空港に居たアメリカ空軍の航空管制担当の伍長はこの2機を引き返させて追撃してくる戦闘機に立ち向かわせることになるよりも、ベルリンに着陸するように指示を出した。この事件は歴史的に東西ドイツの関係が困難な時期に発生した。ほんの1か月前には周囲を囲む東ドイツ領や東ベルリンから西ベルリンを隔離するベルリンの壁が建設され、3日後の9月17日には1961年ドイツ連邦議会選挙が行われることになっていた。
rdfs:label
  • 1961年の西ドイツ空軍F-84機による領空侵犯事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of