Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1953年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第4回大会である。1952年同様、FIAはF1よりF2に世界選手権タイトルを設定した。シーズンは1月18日のアルゼンチンで開幕し、9月13日のイタリアまで全9戦で争われた。昨年に引き続いてフェラーリを駆るアルベルト・アスカリがタイトルを獲得した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2248744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59052663 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1953年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第4回大会である。1952年同様、FIAはF1よりF2に世界選手権タイトルを設定した。シーズンは1月18日のアルゼンチンで開幕し、9月13日のイタリアまで全9戦で争われた。昨年に引き続いてフェラーリを駆るアルベルト・アスカリがタイトルを獲得した。
rdfs:label
  • 1953年のF1世界選手権
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of