Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第36回インターナショナル500マイル・スィープステークス (36th International 500-Mile Sweepstakes) は1952年5月30日(金)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。本レースは1952年のAAAナショナル・チャンピオンシップ・トレイルの1戦として開催された。また、1952年のF1世界選手権の第2戦としても行われ、世界選手権ポイントが与えられた。J.C.アガジャニアンのクズマをドライブしたトロイ・ラットマンが優勝した。ラットマンは22歳80日で、インディ500勝者として最年少の記録を達成した。また、ダートトラック車による最後の優勝であった。ラットマンの勝利は世界選手権における最年少記録を51年間保持した。この記録は2003年ハンガリーグランプリでフェルナンド・アロンソが22歳26日で勝利するまで破られなかった。ビル・ブコビッチは150ラップをリードしたが、その間にステアリングリンケージを破損した。彼は他の車を巻き込むのを防ぐため、壁の外に車を停止させた。インディ500が世界選手権に組み込まれた3年目であったが、フェラーリがアルベルト・アスカリのドライブで参加した。その戦いぶりはかなりの注目を集めたが、アスカリは31位でレースを終えた。それは1952年シーズンでアスカリが勝利しなかった唯一のレースとなった。5位に入ったアート・クロスがルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。1911年以来少なくとも1名のルーキーが参加していたが、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとして賞が与えられたのは今回が初めてであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2956421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53836268 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:above
  • レース詳細
prop-ja:abovestyle
  • background:#eee; font-size:100%;
prop-ja:bodystyle
  • font-size:87%; width:24em;
prop-ja:data
prop-ja:header
prop-ja:headerstyle
  • background:#eee;
prop-ja:label
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • タイヤ
  • 優勝
  • タイム
  • 日程
  • ドライバー
  • 開催地
  • コース長
  • レース距離
  • 決勝日天候
  • 決勝開催日
prop-ja:series
  • インディ500
prop-ja:title
  • 1952 (xsd:integer)
prop-ja:titlestyle
  • font-size:110%;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1952 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第36回インターナショナル500マイル・スィープステークス (36th International 500-Mile Sweepstakes) は1952年5月30日(金)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。本レースは1952年のAAAナショナル・チャンピオンシップ・トレイルの1戦として開催された。また、1952年のF1世界選手権の第2戦としても行われ、世界選手権ポイントが与えられた。J.C.アガジャニアンのクズマをドライブしたトロイ・ラットマンが優勝した。ラットマンは22歳80日で、インディ500勝者として最年少の記録を達成した。また、ダートトラック車による最後の優勝であった。ラットマンの勝利は世界選手権における最年少記録を51年間保持した。この記録は2003年ハンガリーグランプリでフェルナンド・アロンソが22歳26日で勝利するまで破られなかった。ビル・ブコビッチは150ラップをリードしたが、その間にステアリングリンケージを破損した。彼は他の車を巻き込むのを防ぐため、壁の外に車を停止させた。インディ500が世界選手権に組み込まれた3年目であったが、フェラーリがアルベルト・アスカリのドライブで参加した。その戦いぶりはかなりの注目を集めたが、アスカリは31位でレースを終えた。それは1952年シーズンでアスカリが勝利しなかった唯一のレースとなった。5位に入ったアート・クロスがルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。1911年以来少なくとも1名のルーキーが参加していたが、ルーキー・オブ・ザ・イヤーとして賞が与えられたのは今回が初めてであった。
rdfs:label
  • 1952年のインディ500
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of