Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第35回インターナショナル500マイル・スィープステークス (35th International 500-Mile Sweepstakes) は1951年5月30日(水)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。本レースは1951年のAAAナショナル・チャンピオンシップ・トレイルの1戦として開催された。また、1951年のF1世界選手権の第2戦としても行われ、世界選手権ポイントが与えられた。2年連続でヨーロッパを拠点とするF1チームのエントリーは無かった。1949年にクラッシュで重度の火傷を負い、1950年に出場できなかったデューク・ナロンがポールポジションを獲得し、復活を遂げた。多くのトラブルが発生し、完走車両は8台のみであった。優勝したリー・ウォラードの車はブレーキを失い、排気管が破損し、ショックアブソーバーのマウントも壊れていた。耐えがたく不愉快な乗り心地に加え、ウォラードはホウ砂の水溶液に浸して作成された耐火服を身につけていた。下着を着けていなかったため、ウォラードは重度の擦り傷を負い、優勝の祝賀走行の後病院での治療が必要であった。彼はレースの間に15ポンドは痩せたと見積もられた。ウォラードの車両は出場車両の中で最も小さい排気量であった。レースのおよそ1週間後、ウォラードはペンシルベニア州レディングで激しい火傷を負い、そのため事実上プロとしてのレース経歴を終わらせることとなった。3度の優勝経験を持つマウリ・ローズは、自身15回目のインディ500において126ラップ目にクラッシュし宙返りした。クラッシュの後リタイアとなったが、今回が彼にとって最後のインディ500となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2939353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53836264 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:above
  • レース詳細
prop-ja:abovestyle
  • background:#eee; font-size:100%;
prop-ja:bodystyle
  • font-size:87%; width:24em;
prop-ja:data
prop-ja:header
prop-ja:headerstyle
  • background:#eee;
prop-ja:label
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • タイヤ
  • 優勝
  • タイム
  • 日程
  • ドライバー
  • 開催地
  • コース長
  • レース距離
  • 決勝日天候
  • 決勝開催日
prop-ja:series
  • インディ500
prop-ja:title
  • 1951 (xsd:integer)
prop-ja:titlestyle
  • font-size:110%;
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1951 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 第35回インターナショナル500マイル・スィープステークス (35th International 500-Mile Sweepstakes) は1951年5月30日(水)にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。本レースは1951年のAAAナショナル・チャンピオンシップ・トレイルの1戦として開催された。また、1951年のF1世界選手権の第2戦としても行われ、世界選手権ポイントが与えられた。2年連続でヨーロッパを拠点とするF1チームのエントリーは無かった。1949年にクラッシュで重度の火傷を負い、1950年に出場できなかったデューク・ナロンがポールポジションを獲得し、復活を遂げた。多くのトラブルが発生し、完走車両は8台のみであった。優勝したリー・ウォラードの車はブレーキを失い、排気管が破損し、ショックアブソーバーのマウントも壊れていた。耐えがたく不愉快な乗り心地に加え、ウォラードはホウ砂の水溶液に浸して作成された耐火服を身につけていた。下着を着けていなかったため、ウォラードは重度の擦り傷を負い、優勝の祝賀走行の後病院での治療が必要であった。彼はレースの間に15ポンドは痩せたと見積もられた。ウォラードの車両は出場車両の中で最も小さい排気量であった。レースのおよそ1週間後、ウォラードはペンシルベニア州レディングで激しい火傷を負い、そのため事実上プロとしてのレース経歴を終わらせることとなった。3度の優勝経験を持つマウリ・ローズは、自身15回目のインディ500において126ラップ目にクラッシュし宙返りした。クラッシュの後リタイアとなったが、今回が彼にとって最後のインディ500となった。
rdfs:label
  • 1951年のインディ500
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of