Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1924年アメリカ合衆国大統領選挙(1924ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1924)は、現職大統領で共和党候補のカルビン・クーリッジが選ばれた。クーリッジは国内経済の活況に功績があるとされ、外交問題でも重大なものはなかった。民主党の分裂にも助けられた。民主党の正規の候補者は、ウェストバージニア州出身で知名度の低い元下院議員かつ外交官のジョン・W・デイビスだった。デイビスは保守派だったので、民主党の改革派が離党し、進歩党の候補者として出馬したウィスコンシン州選出の上院議員ロバート・M・ラフォレット・シニアの第3の政党運動を支援した。この大統領選挙はアメリカ州の先住民族がすべて合衆国市民とされ投票を許されたことでは最初の機会だった。クーリッジが一般投票での得票率で25.2ポイントの差をつけたことは、これまでの大統領選挙で2番目に大きな差となった。1番大きな差は前回1920年のウォレン・ハーディングの26.2ポイント差だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1509570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50804256 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1924年アメリカ合衆国大統領選挙(1924ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1924)は、現職大統領で共和党候補のカルビン・クーリッジが選ばれた。クーリッジは国内経済の活況に功績があるとされ、外交問題でも重大なものはなかった。民主党の分裂にも助けられた。民主党の正規の候補者は、ウェストバージニア州出身で知名度の低い元下院議員かつ外交官のジョン・W・デイビスだった。デイビスは保守派だったので、民主党の改革派が離党し、進歩党の候補者として出馬したウィスコンシン州選出の上院議員ロバート・M・ラフォレット・シニアの第3の政党運動を支援した。この大統領選挙はアメリカ州の先住民族がすべて合衆国市民とされ投票を許されたことでは最初の機会だった。クーリッジが一般投票での得票率で25.2ポイントの差をつけたことは、これまでの大統領選挙で2番目に大きな差となった。1番大きな差は前回1920年のウォレン・ハーディングの26.2ポイント差だった。
rdfs:label
  • 1924年アメリカ合衆国大統領選挙
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of