Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1908年アメリカ合衆国大統領選挙(1908ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1908)は、1908年11月3日に投票が行われた。人気があった現職大統領セオドア・ルーズベルトは、3期目を求めないという約束を守り、その親友で陸軍長官であるウィリアム・タフトを後継者として指名することで共和党を説得した。民主党は、1904年の選挙で保守的な候補者を立てて大敗したこともあり、1896年と1900年の2回大統領候補となり、2回ともウィリアム・マッキンリーに敗れていたウィリアム・ジェニングス・ブライアンの指名に転換した。ブライアンは2回敗れていても、民主党の進歩派や人民主義派の間に頗る人気を保っていた。ブライアンは全国の実業家特権階級に対する活発な選挙運動を行ったが、3回の大統領選挙の中では最悪の結果となり、タフトが十分な差を付けて勝利した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1487601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51860197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1908年アメリカ合衆国大統領選挙(1908ねんアメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、英:United States presidential election, 1908)は、1908年11月3日に投票が行われた。人気があった現職大統領セオドア・ルーズベルトは、3期目を求めないという約束を守り、その親友で陸軍長官であるウィリアム・タフトを後継者として指名することで共和党を説得した。民主党は、1904年の選挙で保守的な候補者を立てて大敗したこともあり、1896年と1900年の2回大統領候補となり、2回ともウィリアム・マッキンリーに敗れていたウィリアム・ジェニングス・ブライアンの指名に転換した。ブライアンは2回敗れていても、民主党の進歩派や人民主義派の間に頗る人気を保っていた。ブライアンは全国の実業家特権階級に対する活発な選挙運動を行ったが、3回の大統領選挙の中では最悪の結果となり、タフトが十分な差を付けて勝利した。
rdfs:label
  • 1908年アメリカ合衆国大統領選挙
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of