Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1899年ケンタッキー州知事選挙(英: Kentucky gubernatorial election, 1899)は、第33代ケンタッキー州知事を選ぶために1899年11月7日に、アメリカ合衆国ケンタッキー州で投票された選挙である。アメリカ合衆国では唯一現職の州知事が暗殺されるという混乱を呼んだ選挙として記憶されている。1899年まで現職にあった共和党知事ウィリアム・O・ブラッドリーは、ケンタッキー州憲法の規定で再選を求める資格が無かった。共和党は州検事総長のウィリアム・S・テイラーを公認候補に指名したが、ブラッドリーは別の候補を推したかったこともあり、選挙戦ではテイラーをあまり応援しなかった。民主党はルイビルの音楽ホールで指名大会を開催したが、論争と混乱が生まれた挙げ句にケンタッキー州上院議員のウィリアム・ゴーベルを公認候補に指名した。しかし音楽ホールの大会でゴーベルの採った政治戦術に怒り、党内で不満を抱いた派閥が自らを正直選挙民主党と称し、後に独自の指名大会を開いて、元州知事のジョン・Y・ブラウンを候補に指名した。投票の結果はテイラーが 193,714 票を獲得して当選となり、ゴーベルは 191,331 票、ブラウンは 12,040 票だった。ゴーベルが民主党を纏めることができておれば、当選したはずだった。この開票結果については、選挙違反があったという根拠で異議申し立てが出た。ゴーベルが成立させた選挙法で創設され、ゴーベルの息の掛かった委員で占められた州選挙管理委員会が、テイラーの当選を追認するという意外な結果になった。ケンタッキー州議会で多数を占める民主党はこの結果に怒り、選挙違反を調査する審査委員会を創設した。共和党支持者の多い州東部からは武装までした市民が州都に入り込み、選挙結果を民主党に盗まれないよう保護しようとした。審査委員会が報告書を提出する前の1900年1月30日、ゴーベルが州会議事堂に入ろうとしているときに、暗殺者に狙撃された。ゴーベルが近くのホテルで傷の手当てを受けている間に、特別委員会はテイラーに投じられた票の多くを無効にし、ゴーベルを当選とすることを推薦する報告書を州議会に提出した。この報告書が受領され、テイラーが解任され、1月31日にゴーベルが宣誓して州知事に就任した。ゴーベルはその3日後の2月3日に死んだ。副知事に就任していたJ・C・W・ベッカムが州知事に昇格し、ベッカムとテイラーの間で州知事の座を巡って長い法廷闘争が始まった。この裁判ではベッカムが勝利し、テイラーはゴーベル暗殺への関与を問われないためにインディアナ州に逃亡した。ゴーベル暗殺では合計16人が告発された。このうち5人が裁判に掛けられ、2人は無罪になった。残り3人のそれぞれが異例な形で有罪となったが、その後の州知事から恩赦を受けた。ゴーベル暗殺の真犯人は不明のままである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3002139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25331 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56589050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:afterElection
prop-ja:afterParty
  • 共和党 共和党
prop-ja:beforeElection
prop-ja:beforeParty
  • 共和党 共和党
prop-ja:country
  • ケンタッキー州
prop-ja:electionDate
  • 1899-11-07 (xsd:date)
prop-ja:electionName
  • 1899 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • 128 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:nextYear
  • 1903 (xsd:integer)
prop-ja:nominee
prop-ja:ongoing
  • no
prop-ja:party
  • 共和党 共和党
  • 民主党 民主党
  • 人民党 ポピュリスト党
prop-ja:percentage
  • 0.7
  • 3.0
  • 48.4
  • 47.8
prop-ja:popularVote
  • 2936 (xsd:integer)
  • 12040 (xsd:integer)
  • 191331 (xsd:integer)
  • 193727 (xsd:integer)
prop-ja:previousYear
  • 1895 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 州知事
prop-ja:type
  • presidential
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1899年ケンタッキー州知事選挙(英: Kentucky gubernatorial election, 1899)は、第33代ケンタッキー州知事を選ぶために1899年11月7日に、アメリカ合衆国ケンタッキー州で投票された選挙である。アメリカ合衆国では唯一現職の州知事が暗殺されるという混乱を呼んだ選挙として記憶されている。1899年まで現職にあった共和党知事ウィリアム・O・ブラッドリーは、ケンタッキー州憲法の規定で再選を求める資格が無かった。共和党は州検事総長のウィリアム・S・テイラーを公認候補に指名したが、ブラッドリーは別の候補を推したかったこともあり、選挙戦ではテイラーをあまり応援しなかった。民主党はルイビルの音楽ホールで指名大会を開催したが、論争と混乱が生まれた挙げ句にケンタッキー州上院議員のウィリアム・ゴーベルを公認候補に指名した。しかし音楽ホールの大会でゴーベルの採った政治戦術に怒り、党内で不満を抱いた派閥が自らを正直選挙民主党と称し、後に独自の指名大会を開いて、元州知事のジョン・Y・ブラウンを候補に指名した。投票の結果はテイラーが 193,714 票を獲得して当選となり、ゴーベルは 191,331 票、ブラウンは 12,040 票だった。ゴーベルが民主党を纏めることができておれば、当選したはずだった。この開票結果については、選挙違反があったという根拠で異議申し立てが出た。ゴーベルが成立させた選挙法で創設され、ゴーベルの息の掛かった委員で占められた州選挙管理委員会が、テイラーの当選を追認するという意外な結果になった。ケンタッキー州議会で多数を占める民主党はこの結果に怒り、選挙違反を調査する審査委員会を創設した。共和党支持者の多い州東部からは武装までした市民が州都に入り込み、選挙結果を民主党に盗まれないよう保護しようとした。審査委員会が報告書を提出する前の1900年1月30日、ゴーベルが州会議事堂に入ろうとしているときに、暗殺者に狙撃された。ゴーベルが近くのホテルで傷の手当てを受けている間に、特別委員会はテイラーに投じられた票の多くを無効にし、ゴーベルを当選とすることを推薦する報告書を州議会に提出した。この報告書が受領され、テイラーが解任され、1月31日にゴーベルが宣誓して州知事に就任した。ゴーベルはその3日後の2月3日に死んだ。副知事に就任していたJ・C・W・ベッカムが州知事に昇格し、ベッカムとテイラーの間で州知事の座を巡って長い法廷闘争が始まった。この裁判ではベッカムが勝利し、テイラーはゴーベル暗殺への関与を問われないためにインディアナ州に逃亡した。ゴーベル暗殺では合計16人が告発された。このうち5人が裁判に掛けられ、2人は無罪になった。残り3人のそれぞれが異例な形で有罪となったが、その後の州知事から恩赦を受けた。ゴーベル暗殺の真犯人は不明のままである。
rdfs:label
  • 1899年ケンタッキー州知事選挙
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of