Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1819年恐慌(英: Panic of 1819)は、アメリカ合衆国では初の平時金融危機であり、経済の全体的崩壊状況は1821年まで続いた。この恐慌によって、それまでのヨーロッパと交易する植民地という状態から、自由放任資本主義では必須となる金融と産業に比重が増していく動的な経済に転換されたことが自明になり、好況と不況のサイクルに見舞われるようになった 。ナポレオン戦争の後では地球規模の市場調整が進み、景気低迷の厳しさは、過剰な公有地投機と組み合わされ、銀行や企業から抑制無く発行される紙幣によって加速された。第二合衆国銀行自体がこのインフレを呼ぶ行動に深く関わっており、1818年からその西部にある支店が貸付を急速に締め付け始めたことで、州立銀行債券市場の規制における曖昧さを補償しようとした。第二合衆国銀行の銀行券に相当する金貨を提供できなかったことで、州認証銀行は貸し付けを行っていた抵当の重い農園や事業用土地に対する取り立てを始めた。その後に続いた金融危機は、1817年にヨーロッパにおける農業生産が突然回復したことと組み合わされ、倒産が広がり、大勢の者が雇用を失った 。金融危機と不況は銀行と企業に対する民衆の不満を掻き立て、連邦政府の経済政策に基本的な欠陥があるという考えが広がった。アメリカ人の多くはこのような事態を初めて経験する者であり、その地方経済の利益を守るために政治に関わるようになった 。「新」共和党員とそのアメリカ・システム、すなわち保護関税、内国改良および第二合衆国銀行は厳しい批判に曝され、活発な弁護を必要とするようになった。この広がった不満は「旧」共和党員と同盟した民主共和党によって動員され、小さな政府、憲法の厳格な解釈、更に南部の卓越というジェファーソン流の原則に立ち戻ることになった。1819年恐慌は好感情の時代に終わりを告げ、ジャクソン流民主主義の興隆を招くことになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2913677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23354 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57748413 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1819年恐慌(英: Panic of 1819)は、アメリカ合衆国では初の平時金融危機であり、経済の全体的崩壊状況は1821年まで続いた。この恐慌によって、それまでのヨーロッパと交易する植民地という状態から、自由放任資本主義では必須となる金融と産業に比重が増していく動的な経済に転換されたことが自明になり、好況と不況のサイクルに見舞われるようになった 。ナポレオン戦争の後では地球規模の市場調整が進み、景気低迷の厳しさは、過剰な公有地投機と組み合わされ、銀行や企業から抑制無く発行される紙幣によって加速された。第二合衆国銀行自体がこのインフレを呼ぶ行動に深く関わっており、1818年からその西部にある支店が貸付を急速に締め付け始めたことで、州立銀行債券市場の規制における曖昧さを補償しようとした。第二合衆国銀行の銀行券に相当する金貨を提供できなかったことで、州認証銀行は貸し付けを行っていた抵当の重い農園や事業用土地に対する取り立てを始めた。その後に続いた金融危機は、1817年にヨーロッパにおける農業生産が突然回復したことと組み合わされ、倒産が広がり、大勢の者が雇用を失った 。金融危機と不況は銀行と企業に対する民衆の不満を掻き立て、連邦政府の経済政策に基本的な欠陥があるという考えが広がった。アメリカ人の多くはこのような事態を初めて経験する者であり、その地方経済の利益を守るために政治に関わるようになった 。「新」共和党員とそのアメリカ・システム、すなわち保護関税、内国改良および第二合衆国銀行は厳しい批判に曝され、活発な弁護を必要とするようになった。この広がった不満は「旧」共和党員と同盟した民主共和党によって動員され、小さな政府、憲法の厳格な解釈、更に南部の卓越というジェファーソン流の原則に立ち戻ることになった。1819年恐慌は好感情の時代に終わりを告げ、ジャクソン流民主主義の興隆を招くことになった。
rdfs:label
  • 1819年恐慌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of