Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1800MHz帯(せんはっぴゃくメガヘルツたい)とは、主に携帯電話(NTTドコモ、ワイモバイル)に使用されている周波数帯である。携帯電話向けに割り当てられているのは、上りが1749.9MHz以上1784.9MHz以下の周波数帯で、下りが1844.9MHz以上1879.9MHz以下である。携帯電話以外に、公共業務用の固定無線通信にて1710 - 1850MHzにて使用されている。ITUにおいてIMT-2000帯域とされている。日本(総務省)では、1.7GHz帯と呼ばれており、ソフトバンクモバイルのダブルLTEサービスではこの名称を用いている(NTTドコモやワイモバイルでは、UMTS用途での帯域としては1.7GHz帯と称していたが、LTEの帯域としては1800MHz帯としている)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1039588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58916309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
  • --06-28
  • --11-21
prop-ja:section
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • UMTSのBands 9とLTEのBands 3の区別。
  • 対応端末。主にX-XXD系以降の端末
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1800MHz帯(せんはっぴゃくメガヘルツたい)とは、主に携帯電話(NTTドコモ、ワイモバイル)に使用されている周波数帯である。携帯電話向けに割り当てられているのは、上りが1749.9MHz以上1784.9MHz以下の周波数帯で、下りが1844.9MHz以上1879.9MHz以下である。携帯電話以外に、公共業務用の固定無線通信にて1710 - 1850MHzにて使用されている。ITUにおいてIMT-2000帯域とされている。日本(総務省)では、1.7GHz帯と呼ばれており、ソフトバンクモバイルのダブルLTEサービスではこの名称を用いている(NTTドコモやワイモバイルでは、UMTS用途での帯域としては1.7GHz帯と称していたが、LTEの帯域としては1800MHz帯としている)。
rdfs:label
  • 1800MHz帯
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of