Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 1795年8月22日の海戦(1795ねん8がつ22にちのかいせん、Action of 22 August 1795)は、フランス革命戦争中に、イギリス海軍の4隻のフリゲートから成る戦隊と、バタヴィア共和国海軍の2隻のフリゲートと1隻のカッターによる小規模な海戦である。この海戦が行われたのはノルウェー沿岸の島である、エイゲローヤの沖で、その当時ノルウェーはデンマークの支配下にあり、英蘭双方とも、バルト海への海上輸送経路を守るためのための戦いであった。この戦いは、その年の1月にフランス第一共和政の軍がネーデルラント共和国を征服した後、春になってイギリスの海軍本部が、バタヴィアの商船を阻止するために海軍に命じたもので、双方の宣戦布告なしで行われた。イギリスのフリゲート戦隊の指揮官はジェームズ・アルムズであった。アルムズは1795年にスカゲラク海峡の入口を巡回していて、ノルウェー沿岸の北に3隻の艦を発見した。その間が何であるかを確かめるべく近寄ったところ、2隻のフリゲートと1隻のカッターから成るバタヴィアの戦隊であることが分かった。自分たちよりも大きなイギリス戦隊に直面して、バタヴィア戦隊は向きを変え、ノルウェーの沿岸を南東に逃げた。イギリス戦隊は南の方向からオランダ戦隊に接近し、オランダ戦隊を、中立国デンマークの支配下にあるノルウェーから離岸させようと苦心した。16時15分、イギリス戦隊の先頭にいたスタッグが、オランダ戦隊最後尾のアリアンテに追いついて交戦した。「スタッグ」以外のイギリス艦はオランダ戦隊の追跡を続けた。「アリアンテ」は1時間ほどは力でよりまさる「スタッグ」相手に持ちこたえたが、結局降伏を余儀なくされた。オランダ艦隊の他の艦は、フリゲートアルホが後衛で激しく戦ったおかげで、エイゲローヤの安全な港にたどり着けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2821055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59157118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • エイゲローヤ沖のバタヴィアの敗北 ニコラス・ポコック作
prop-ja:casualties
  • 15 (xsd:integer)
  • アリアンテ拿捕
  • 少なくとも2人が戦死
  • 戦死5、負傷18
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
  • グレートブリテン王国
prop-ja:commander
  • ジェームズ・アルズ
prop-ja:conflict
  • --08-22
prop-ja:date
  • --08-22
prop-ja:latitude
  • 58.430000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • 5.560000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • ノルウェー
prop-ja:mapLabel
  • エイゲローヤ
prop-ja:mapSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • Norway
prop-ja:partof
  • フランス革命戦争
prop-ja:result
  • イギリスの勝利
prop-ja:strength
  • フリゲート艦2、カッター船
  • フリゲート艦3、戦列艦1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 1795年8月22日の海戦(1795ねん8がつ22にちのかいせん、Action of 22 August 1795)は、フランス革命戦争中に、イギリス海軍の4隻のフリゲートから成る戦隊と、バタヴィア共和国海軍の2隻のフリゲートと1隻のカッターによる小規模な海戦である。この海戦が行われたのはノルウェー沿岸の島である、エイゲローヤの沖で、その当時ノルウェーはデンマークの支配下にあり、英蘭双方とも、バルト海への海上輸送経路を守るためのための戦いであった。この戦いは、その年の1月にフランス第一共和政の軍がネーデルラント共和国を征服した後、春になってイギリスの海軍本部が、バタヴィアの商船を阻止するために海軍に命じたもので、双方の宣戦布告なしで行われた。イギリスのフリゲート戦隊の指揮官はジェームズ・アルムズであった。アルムズは1795年にスカゲラク海峡の入口を巡回していて、ノルウェー沿岸の北に3隻の艦を発見した。その間が何であるかを確かめるべく近寄ったところ、2隻のフリゲートと1隻のカッターから成るバタヴィアの戦隊であることが分かった。自分たちよりも大きなイギリス戦隊に直面して、バタヴィア戦隊は向きを変え、ノルウェーの沿岸を南東に逃げた。イギリス戦隊は南の方向からオランダ戦隊に接近し、オランダ戦隊を、中立国デンマークの支配下にあるノルウェーから離岸させようと苦心した。16時15分、イギリス戦隊の先頭にいたスタッグが、オランダ戦隊最後尾のアリアンテに追いついて交戦した。「スタッグ」以外のイギリス艦はオランダ戦隊の追跡を続けた。「アリアンテ」は1時間ほどは力でよりまさる「スタッグ」相手に持ちこたえたが、結局降伏を余儀なくされた。オランダ艦隊の他の艦は、フリゲートアルホが後衛で激しく戦ったおかげで、エイゲローヤの安全な港にたどり着けた。
rdfs:label
  • 1795年8月22日の海戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of